タグ:美術鑑賞・博物館 ( 131 ) タグの人気記事

十に一つでも行けたなら(東京エリアplus)...2018年05月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



------------------------
------   05月 美術鑑賞詳細  ------
------------------------

< 4月                   05月へ >

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<<<上野+両国>>>

  「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
   2018年1月23日(火) ~ 5月13日(日)
  休館日:月曜日(ただし2月12日(月・休)、3月26日(月)、4月2日(月)、
    4月30日(月・祝)は開館、2月13日(火)は休館)
  開館時間:9:30~17:00
   (ただし、金曜・土曜は21:00まで開館、4月31日と5月3日は18:00まで)
  一般620円、大学生410円、高校生以下無料

  「名作誕生-つながる日本美術」
   2018年4月13日(金) ~5月27日(日)
  休館日:月曜日(ただし4月30日(月・祝)は開館、2月13日(火)は休館)
  開館時間:9:30~17:00
   (ただし、金曜・土曜は21:00まで開館、4月31日と5月3日は18:00まで)
  一般1,600円、大学生1,2000円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本美術史上に輝く「名作」たちは、さまざまなドラマをもって生まれ、
    受け継がれ、次の名作の誕生へとつながってきました。本展では、作品同
    士の影響関係や共通する美意識に着目し、地域や時代を超えたさまざまな
    名作誕生のドラマを、国宝・重要文化財含む約130件を通してご紹介しま
    す。
c0153302_15354769.jpg

  「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」
  2018年2月24日(土)~5月27日(日)
  休館 月曜日((ただし、3月26日(月)と4月30日(月)は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金、土曜日は~20:00)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に
    開設された、世界屈指の美の殿堂です。本展は、同美術館の誇りであり、
    西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660
    年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。
c0153302_00565945.jpg

  「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」
  2018年4月14日(土)~7月8日(日)
  休館 月曜日、2月13日(火) (ただし、ただし、4月30日(月・休)は開室)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,400円、大学生1,100円、高校生600円、中学生以下は無料
  [概要] (HPより)
    珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館
    から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。神話の物語や古代
    への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、果ては想像の世界に
    至るまで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れをご紹介
    します。
c0153302_16030595.jpg

  「ミラクル エッシャー展」
  2018年6月6日(水)~7月29日(日)  休館:会期中無休
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~20:00)
  一般1,600円、大学・高校生1.200円、中・小学生600円
  [概要] (HPより)
    「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の
    版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。
    コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で"ミラク
    ル"な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影
    響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。
    生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクシ
    ョンを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。
c0153302_10002139.jpg

  特別展「人体―神秘への挑戦―」
  2018年3月13日(火)~6月17日(日)
  休館日:毎週月曜日(3月26日(月)、4月2日(月)、
    4月30日(月・振替休日)、6月11日(月)は開館)
  開館時間:9:00~17:00
    4月29日(日)、30日(月・振替休日)、 5月3日(木・祝)(~20:00)
    5月1日(火)、2日(水)、6日(日) (~18:00)
  一般・大学生 1,600円、小中高校生:600円
  [概要] (HPより)
    ルネサンスより続く人体を理解するための努力の歴史を振り返りながら、
    人体の構造と機能を解説し、最先端の研究でどのように変わりつつある
    のかを紹介します。

  「発掘された日本列島2018」
  2018年6月2日(土)~7月22日(日)
  休館日: 毎週月曜日、7月17日(火)(7月16日開館)
  開館時間:09:30〜17:30
  一般600円、大学480円・高校・中学生300円、中学生(都内)・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    全国で毎年8,000件近い発掘調査が実施されていますが、その成果に実際
    に触れる機会は極めて限られています。そこで、近年、とくに注目された
    出土品を中心とした展示を構成し、全国を巡回させることにより、多くの
    方が埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深める機会と
    なる展覧会を開催します。
c0153302_10090694.jpg

<<<神田・東京・有楽町+竹橋>>>

  「大名茶人・松平不昧」
  2018年4月21日(土)~6月17日(日)
  休館日:月曜日、(4月30日は開館)
  開館時間:10:00〜17:00
  一般1,300円/大学・高校生800円/中学生以下 無料
  [概要] (HPより)
    今年は大名茶人として名高い松江藩主松平不昧(1751-1818)が没して
    200年になります。不昧は広い人脈のもとに優れた書画や名物道具、
    美しい調度品など、名品を数多く蒐集しましたが、その中には今日、
    国宝や重要文化財に指定されているものも多く見られます。
    本展では不昧が愛蔵した名品の数々、さらに不昧像が窺われる自筆の
    書画や好んで作らせた器なども紹介いたします。

  「ルドン~秘密の花園~」
  2018年2月8日(木)~5月20日(日)
  休館日: 月曜休館(但し、祝日の場合、5/14と3/26は開館)
  開館時間:10:00~18:00
    (祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)
  一般1,700円、大学生・高校生1,000円、中学500円
  [概要] (HPより)
    オディロン・ルドン(1840-1916年)は、印象派の画家たちと同世代で
    ありながら、幻想的な内面世界に目を向け、その特異な画業は、今も世
    界中の人の心を魅了して止みません。なかでも本展は植物に焦点をあてた、
    前例のない展覧会となります。
    オルセー美術館、ボルドー美術館、プティ・パレ美術館(パリ)、ニューヨ
    ーク近代美術館[MoMA]、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、シカゴ美
    術館、フィリップス・コレクションなど海外の主要美術館から、植物のモテ
    ィーフのルドン作品が来日し、およそ90点により構成する大規模なルドン展
    となります。
c0153302_10102227.jpg

  2015年5月18日から休館。


  「宋磁 ―神秘のやきもの」
  2018年4月21日(土)~6月10日(日)
  休館日: 月曜休館(ただし、4月30日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜は19:00まで)
  一般1,000円、大学生・高校生700円、中学以下無料
  [概要] (HPより)]
    悠久の歴史を有する中国陶磁の中で、宋時代(960 - 1279)にはその美し
    さが頂点に達したとも評されます。宋時代の陶磁器である「宋磁」は、官
    窯(かんよう)、景徳鎮窯(けいとくちんよう)、定窯(ていよう)など
    に見られるように青磁・白磁・黒釉磁(こくゆうじ)などの単色の釉薬
    (ゆうやく)をまとい、非常にシンプルかつ研ぎ澄まされた造形性が美しく、
    格調高き陶磁器です。本展覧会では、優雅な美、また親しみ溢れる多様な
    「宋磁」の世界を、宋時代前後のやきものの様相とあわせてご紹介いたし
    ます。
c0153302_16504596.jpg

  次回「生誕150年 横山大観展」
  2018年4月13日(金)~5月27日(日)
  休館日:月曜日(4月30日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金、土曜日は20:00まで)
  一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催
    します。
    東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術
    院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋から
    さまざまなものや情報が押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を
    継承しつつ、時に改変を試み、また主題についても従来の定型をかるがると
    脱してみせました。
    出品点数92点。本画84点、習作ほか資料8点を展観する大回顧展です。
c0153302_23571598.jpg

<<<六本木・乃木坂>>>

  「ルーヴル美術館展 肖像芸術—
          —人は人をどう表現してきたか」

  2018年5月30日(水)~9月3日(月)
  休館日:毎週火曜日(ただし8月14日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00
    (金、土曜日、5月6月は~20:00、以降~21:00)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    人の似姿を描出する肖像は、古代以来の長い歴史をもつ芸術ジャンル
    です。本展は、ルーヴル美術館の全8部門から選りすぐられた約110点
    の作品を通して、肖像の社会的役割や表現上の様々な特質を浮き彫り
    にします。
c0153302_10192457.jpg

  「ガレも愛した-清朝皇帝のガラス」
  2018年4月25日(水)~7月1日(日)
  休館日:火曜日 (5月1日、6月26日は18時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金・土曜日~20:00)
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    ガラスといえば、「透明性」と「はかなさ」が最大の魅力ですが、特に
    最盛期の清朝のガラスは趣が異なり、「透明」と「不透明」の狭間で、
    重厚で卓越した彫琢が際立っています。
    その類まれなる美しさは、フランス・アール・ヌーヴォー期を代表する
    芸術家・ガレ(1846-1904)をも魅了し、彼の造形に取り込ま
    れていきました。本展は、清朝皇帝のガラスの美を、ガレの作品とも比
    較しながら、有数のコレクションでご紹介する試みです。
c0153302_21260900.jpg

 「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」
  2018.4月25日(水)~ 9月17日(月)
  休館日:無休
  開館時間:10:00~20:00(火曜日は~17:00)
  一般 1,800円、高校・大学生1,200円、中学生以下600円
  [概要] (HPより)
    いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤
    忠雄、妹島和世など多くの日本人建築家たちが国際的に高い評価を得て
    いるのは、古代からの豊かな伝統を礎とした日本の現代建築が、他に類
    を見ない独創的な発<想と表現を内包しているからだとはいえないでし
    ょうか。本展は、いま、日本の建築を読み解く鍵と考えられる9つの特質
    で章を編成し、機能主義の近代建築では見過ごされながらも、古代から
    現代までその底流に脈々と潜む遺伝子を考察します。

<<<渋谷・恵比寿・目黒+表参道+白金台>>>

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「くまのパディントン展」
  2018年4月28日(土)-6月25日(月)
  休館日:5/8(火)、6/5(火)
  開館時間:10:00~18:00 (金・土~21:00)
  一般 1,400円/高・大学生900円/中学生・小学生600円
  [概要] (HPより)
    “どうぞこのくまのめんどうをみてやってください。おたのみします。
    ―ブラウン夫妻が初めてパディントンに会ったのは、駅のプラットホ
    ームでした。それだからこそ、パディントンなどという、クマにして
    は珍しい名前がついたのです。つまり、パディントンというのが、そ
    の駅の名でした。”。10巻にわたるパディントンの物語をたどりなが
    ら、パディントンやブラウン一家、物語に登場するイギリスの生活文
    化やロンドンの名所などを紹介します。
c0153302_10221643.jpg

  「光琳と乾山」
  2018年5月12日(土)~7月8日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,300円・大学生・高校生1,000円・中高生以下無料
  [概要] (HPより)
    尾形光琳(1658~1716)は、江戸時代のなかばに、日本美術における
    装飾の伝統を現代のデザインに伯仲する次元にまで高めた画家であり、
    意匠作家です。光琳の弟である乾山(1663~1743)は、やきものの世
    界に新風を巻き起こした陶芸家です。
    本展覧会は、美術史上類まれな二人の芸術家兄弟において展開した豊か
    な造形、ときに相反し、ときに響き合う美の世界を展観し、そこにどの
    ような美意識の交流があったのかを探り、ひいては光琳と乾山それぞれ
    の魅力を見つめ直そうとするものです。
c0153302_21391765.jpg

  「第43回 2018 JPS 日本写真家協会展」
  2018年5月19日(土)~6月3日(日)
  休館日:月曜日
  一般700円/大学生400円/中高生以下無料
  [概要] (HPより)
    公益社団法人日本写真家協会が主催するJPS展は1976年に第1回展を
    開催し、今回で43回目を数えます。歴代の入賞・入選者からは多くの
    写真家を輩出し、写真愛好家からの人気と評価の高い歴史ある一般公
    募展です。本展では2018年3月に発表予定の入賞・入選作品を紹介し
    ます。
  

  「桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―」
  2018年3月10日(土)~5月6日(日)
  休館:月曜日(ただし、4/30(月)、5/1(火)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円/大学・高校生800円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本の春を象徴する桜。このたび、山種コレクションの中から、桜が描か
    れた作品を厳選し、一堂に公開する展覧会を6年ぶりに開催いたします。
    近代・現代の日本画においても、桜は重要な題材であり続けました。
    山種美術館は名だたる日本画家たちによる桜の絵画で満開となります。会
    場でお花見を楽しみながら、季節を満喫していただければ幸いです。
c0153302_14155029.jpg


  「琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―」
  2018年5月12日(土)~7月8日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円/大学・高校生900円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2018(平成30)年は、江戸へ琳派を根付かせた酒井抱一(1761-1828)の
    没後190年、およびその弟子である鈴木其一(1796-1858)の没後160年
    にあたります。当館ではこれを記念し、俵屋宗達・尾形光琳・抱一を中心
    に花開き、近代・現代の日本画家やデザイナーに受け継がれた琳派の伝統
    をたどる特別展を開催いたします。
    本展では、当館が所蔵する琳派コレクションを中心に、宗達(絵)・光悦(書)
    《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》(山種美術館)、光琳《白楽天図》(個人蔵)、
    《秋草鶉図》【重要美術品】(山種美術館)、其一《四季花鳥図》(山種美
    術館)をはじめとする琳派の画家の優品を一堂に展示します。

  館蔵展「 古伊万里 華やぎのうつわ」「日本画展」
  2018年1月30日(火)~2018年5月20日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般800円、中高・大学生 500円、小学生 無料
  [概要] (HPより)
    
  
c0153302_16011981.jpg

c0153302_16014912.jpg


<<<新宿・(池袋)+千駄ヶ谷+護国寺>>>

  「ターナー 風景の詩」
  2018年4月24日(火)~7月1日(日)
  休館:月曜日(ただし4月30日は開館、翌5月1日も開館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般1,300円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    イギリスを代表する風景画の巨匠、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・
    ターナー(1775~1851)の展覧会です。穏やかな田園風景、嵐の海、
    聳(そび)え立つ山岳など、自然の様々な表情を優れた技法で表現した
    ターナー。独特の光や空気感に包まれたターナーの風景画は、フランス
    の印象派をはじめ、多くの芸術家に影響をあたえました。

  「大きな絵画と小さな絵画」
  2018年5月10日(木)〜6月10日(日)
  一般600円/大学・高校生400円/中学生以下無料
  「バングラデシュ新鋭作家グループ展」
  2018年4月19日(木)〜5月1日(火)
  無料
  休館:3月12日・19日(月)
  開館時間:10:00~17:00(金~19:00)
  [概要] (HPより)

  「近代日本画壇の精鋭たち」
  2018年3月10日(土)〜5月20日(日)
  休館:月・火曜日(祝日の場合は水曜日以降に振替)5月1日、2日
  開館時間:10:00~17:00(金は~19:00)
  一般500円・学生300円・少学生以下無料
  [概要] (HPより)
    “官展”に対し、横山大観を中心とする旧日本美術院派は、1914年
    日本美術院を再興、本格的な在野運動へと進んでいきました。
    ことに、大正から昭和初期にかけては、文、帝展を主舞台とした東京画壇
    と京都画壇、さらに在野の大観率いる日本美術院とがそれぞれ独特の存在
    感を示して鼎立しており、近代日本画壇は、さながら百花繚乱の様相を呈
    していました。
    本展示では、まさに、この時期に重なって形成された野間コレクションよ
    り、近代日本の絵画革新運動を牽引してきた精鋭たちによる美の光彩を感
    じていただきます。
  
c0153302_15374221.jpg


<<<そのほかの地域>>>

  「近代の日本画展」
  2018年5月12日(土) - 6月17日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大学生・高校生700円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    館蔵の近代日本画コレクションから、「風景表現」を中心に、橋本雅邦、
    小川芋銭、横山大観、川合玉堂、冨田溪仙、小林古径、橋本関雪、安田靫
    彦、川端龍子など、明治から昭和にかけての近代日本を代表する画家の作
    品約四十点を選び展観。特集展示として館蔵の漆芸作品約二十点も同時公
    開。
c0153302_11234439.jpg

  「現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展」
  2018年1月6日[土]-6月3日[日]
  休館日:月曜日
    (ただし、祝日にあたる 1 月 8 日、2 月 12 日、4 月 30 日は開館、翌日休館)
    展示替え休館:3 月 12 日[月]- 20 日[火]
  開館時間:11:00 - 17:00(祝日でない水曜は20:00まで)
  [概要] HPより
    原美術館は、1979 年日本における現代美術館の先がけとして開館しま
    した。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を
    傾け、様々な展覧会を開催する一方、コレクション活動にも力を注いで
    きました。本展は、ひとつひとつ丹念に収集した 1950 年代以降の絵画、
    立体、写真、映像、インスタレーションなど所蔵作品約 1000 点の中か
    ら、原が初めて自ら選びキュレーションするコレクション展示です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「ヌード NUDE —英国テート・コレクションより」
  2018年3月24日(土) – 6月24日(日)
  休館日:木曜日、5月7日(月)(ただし5月3日(木・祝)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、5月11日(金)・6月8日(金)は~20:30)
  一般 1,600円/高・大学生1,200円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)
    「ヌード」は西洋芸術の永遠のテーマでありながら、それを切り口とした
    大規模な展覧会は前例が多くありません。本展は、この難しいテーマを紐
    解き、ヴィクトリア朝から現代までの約200年におよぶヌードの歴史を辿
    ります。
  
c0153302_16181907.jpg


  「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
  2018年4月13日(金)~5月13日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般1,000円/高・大学生800円/中学生・小学生無料
  [概要] (HPより)
    
c0153302_22035917.jpg

  「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展
          アンディ・ウォーホルから奈良美智まで」

  2018年4月21日(土)~6月17日(日)
  休館日:月曜日(4月30日は開館)
  開館時間:9:30~17:00
  一般800円/大学生・高校生500円
  [概要] (HPより)
    タグチ・アートコレクションは、実業家の田口弘氏が収集した国内有数
    の現代美術コレクションです。400 点を超えるコレクションは、出身地
    もさまざまで、グローバルに活躍する作家たちの作品からなり、いまの
    美術の動向を一望することができます。本展では、コレクションの中か
    ら、2000 年代に制作された作品を中心に、現代の美術作品を紹介しま
    す。
c0153302_22121303.jpg

  「百花繚乱列島-江戸諸国絵師めぐり-」
  2018年4月6日(金)~ 5月20日(日)
  休館日:3月5日(月)
  開館時間:10:00~18:00(金は~20:00)
  一般1,200円/大学生700円
  [概要] (HPより)
    本展では北海道から長崎まで、各地から大集結した実力派絵師達の作品、
    さらに上方や長崎で制作されたご当地の版画作品まで、約190点が一堂に
    会します。博物学の興隆や明清絵画の流入、そして画人達の活発な交流に
    よって豊かに広がるその世界は、まさに百花繚乱!各地いちおしの絵師と
    の出会いを通して、江戸絵画の豊穣を体感していただく展覧会です。
c0153302_22174582.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「特別展 池大雅 天衣無縫の旅の画家」
  2018(平成30)年4月7日(土)~ 5月20日(日)
  休館日:月曜日(ただし4月30日(月・休)は開館、翌5月1日(火)は休館)
  開館時間:  開館時間:9:30~18:00
  一般1,500円/大学生1,200円/高校生900円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    円山応挙や伊藤若冲など、個性派画家がしのぎを削った江戸時代中期の京都
    画壇。その活況のなかで、与謝蕪村とともに「南画の大成者」と並び称され
    るのが池大雅(1723~76)です。その作品は、寡欲で恬淡、きわめて謙虚
    だったと伝えられる人柄を象徴するかのような、清新で衒いのない明るさに
    満ちています。
    本展では、大雅の初期から晩年にいたる代表作を一堂に集め、その画業の全
    体像をご紹介します。
c0153302_22225565.jpg

  「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」
  2018年4月17日(火)~6月10日(日)
  休館日:月曜日(ただし、4月30日(月)は開館)
  開館時間:  開館時間:9:30~17:00
  一般1,400円/大学・高校生1,000円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    太平の世が続いた江戸時代には、多くの戯画(ぎが)が描かれました。
    一口に戯画といっても多種多様なものがありますが、本展では「鳥羽絵」
    をキーワードに江戸時代の戯画をご紹介します。
c0153302_22343543.jpg

  「ミュシャと新しい芸術 アール・ヌーヴォーとミュシャ・スタイル」
  2018年3月17日(土)~7月8日(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日
  開館時間:9:30~17:00 
  一般500円、大学生・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    本展覧会では、ミュシャの作品を19世紀末のヨーロッパで起こった芸術
    潮流、アール・ヌーヴォーのいくつかの側面を踏まえてご紹介します。
    アール・ヌーヴォーは19世紀末のヨーロッパ社会の動きと連動する大き
    な芸術の流れで、曲線や植物的なモチーフを多く使い、装飾的な芸術作
    品が数多く生み出されました。ミュシャの画家としての生涯、そしてミ
    ュシャがデザイナーとして活躍した19世紀末のフランスの社会的状況を
    紹介しながら、ミュシャの人気の秘密に迫ります。
c0153302_22395992.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「ねこがいっぱい ねこアート展」
  2018年4月21日(土)~ 6月24日(日)
  休館:無休
  開館時間:9:00~17:00(金は~19:00)
  一般1,300円/大高生1,000円/小中学生600円
  [概要] (HPより)
    しなやかな肢体や俊敏な運動能力、愛くるしい仕草、柔らかな毛並みなど、
    猫の多彩な魅力は世界中の芸術家たちを魅了してきました。
    本展では、世界中で描き、かたちづくられてきた猫の絵画や彫刻を展示し、
    東西における表象の違いや、人々の暮らしの中でみせる猫の様相、歌川国芳
    やフジタら愛猫家たちによって鋭い観察力で捉えられた姿など、猫の美術の
    歴史を辿りながら、その限りない魅力に迫ります。
c0153302_22451016.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。



by AT_fushigi | 2018-05-18 11:25 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリアplus)...2018年04月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



------------------------
------   04月 美術鑑賞詳細  ------
------------------------

< 3月                   05月 >

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<<<上野+両国>>>

  「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
   2018年1月23日(火) ~ 5月13日(日)
  休館日:月曜日(ただし2月12日(月・休)、3月26日(月)、4月2日(月)、
    4月30日(月・祝)は開館、2月13日(火)は休館)
  開館時間:9:30~17:00
   (ただし、金曜・土曜は21:00まで開館、4月31日と5月3日は18:00まで)
  一般620円、大学生410円、高校生以下無料

  「名作誕生-つながる日本美術」
   2018年4月13日(金) ~5月27日(日)
  休館日:月曜日(ただし4月30日(月・祝)は開館、2月13日(火)は休館)
  開館時間:9:30~17:00
   (ただし、金曜・土曜は21:00まで開館、4月31日と5月3日は18:00まで)
  一般1,600円、大学生1,2000円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本美術史上に輝く「名作」たちは、さまざまなドラマをもって生まれ、
    受け継がれ、次の名作の誕生へとつながってきました。本展では、作品同
    士の影響関係や共通する美意識に着目し、地域や時代を超えたさまざまな
    名作誕生のドラマを、国宝・重要文化財含む約130件を通してご紹介しま
    す。
c0153302_15354769.jpg

  「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」
  2018年2月24日(土)~5月27日(日)
  休館 月曜日((ただし、3月26日(月)と4月30日(月)は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金、土曜日は~20:00)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に
    開設された、世界屈指の美の殿堂です。本展は、同美術館の誇りであり、
    西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660
    年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。
c0153302_00565945.jpg

  「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」
  2018年4月14日(土)~7月8日(日)
  休館 月曜日、2月13日(火) (ただし、ただし、4月30日(月・休)は開室)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,400円、大学生1,100円、高校生600円、中学生以下は無料
  [概要] (HPより)
    珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館
    から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。神話の物語や古代
    への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、果ては想像の世界に
    至るまで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れをご紹介
    します。
c0153302_16030595.jpg

  「第32回和紙ちぎり絵創作展」
  2018年4月8日 (日) 〜 4月14日 (土)
  一般600円、大学生500円、高校生以下無料
  「第23回 和展」
  2018年4月20日 (金) 〜 4月24日 (火)
  無料
  休館:無休
  開館時間:10:00~17:00

  特別展「人体―神秘への挑戦―」
  2018年3月13日(火)~6月17日(日)
  休館日:毎週月曜日(3月26日(月)、4月2日(月)、
    4月30日(月・振替休日)、6月11日(月)は開館)
  開館時間:9:00~17:00
    4月29日(日)、30日(月・振替休日)、 5月3日(木・祝)(~20:00)
    5月1日(火)、2日(水)、6日(日) (~18:00)
  一般・大学生 1,600円、小中高校生:600円
  [概要] (HPより)
    ルネサンスより続く人体を理解するための努力の歴史を振り返りながら、
    人体の構造と機能を解説し、最先端の研究でどのように変わりつつある
    のかを紹介します。

  「写楽の眼・恋する歌麿-浮世絵ベストコレクション-」
  2018年04月01日(日)〜05月06日(日)
  休館日:4月9日、16日、23日(いずれも月曜日)
  開館時間:09:30〜17:30
  一般600円、大学480円・高校・中学生300円、中学生(都内)・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    4月1日再オープン記念。浮世絵師の東洲斎写楽と喜多川歌麿は、すぐれた
    描写力により、18世紀後半を中心に江戸文化の最前線で活躍しました。
    版元の蔦屋重三郎によって才能を見出され、世に送りだされた2人の浮世絵、
    特に写楽の役者大首絵、歌麿の美人大首絵は、人々に新鮮な驚きを与えまし
    た。彼らの名作は現代でも高い人気を誇っています。本展では、当館所蔵
    写楽・歌麿による浮世絵版画作品と関連資料30点を厳選し、展示します。
c0153302_16283258.jpg

<<<神田・東京・有楽町+竹橋>>>

  「大名茶人・松平不昧」
  2018年4月21日(土)~6月17日(日)
  休館日:月曜日、(4月30日は開館)
  開館時間:10:00〜17:00
  一般1,300円/大学・高校生800円/中学生以下 無料
  [概要] (HPより)
    今年は大名茶人として名高い松江藩主松平不昧(1751-1818)が没して
    200年になります。不昧は広い人脈のもとに優れた書画や名物道具、
    美しい調度品など、名品を数多く蒐集しましたが、その中には今日、
    国宝や重要文化財に指定されているものも多く見られます。
    本展では不昧が愛蔵した名品の数々、さらに不昧像が窺われる自筆の
    書画や好んで作らせた器なども紹介いたします。

  「ルドン~秘密の花園~」
  2018年2月8日(木)~5月20日(日)
  休館日: 月曜休館(但し、祝日の場合、5/14と3/26は開館)
  開館時間:10:00~18:00
    (祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)
  一般1,700円、大学生・高校生1,000円、中学500円
  [概要] (HPより)
    オディロン・ルドン(1840-1916年)は、印象派の画家たちと同世代で
    ありながら、幻想的な内面世界に目を向け、その特異な画業は、今も世
    界中の人の心を魅了して止みません。なかでも本展は植物に焦点をあてた、
    前例のない展覧会となります。
    オルセー美術館、ボルドー美術館、プティ・パレ美術館(パリ)、ニューヨ
    ーク近代美術館[MoMA]、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、シカゴ美
    術館、フィリップス・コレクションなど海外の主要美術館から、植物のモテ
    ィーフのルドン作品が来日し、およそ90点により構成する大規模なルドン展
    となります。
c0153302_10102227.jpg

  2015年5月18日から休館。


  「宋磁 ―神秘のやきもの」
  2018年4月21日(土)~6月10日(日)
  休館日: 月曜休館(ただし、4月30日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜は19:00まで)
  一般1,000円、大学生・高校生700円、中学以下無料
  [概要] (HPより)]
    悠久の歴史を有する中国陶磁の中で、宋時代(960 - 1279)にはその美し
    さが頂点に達したとも評されます。宋時代の陶磁器である「宋磁」は、官
    窯(かんよう)、景徳鎮窯(けいとくちんよう)、定窯(ていよう)など
    に見られるように青磁・白磁・黒釉磁(こくゆうじ)などの単色の釉薬
    (ゆうやく)をまとい、非常にシンプルかつ研ぎ澄まされた造形性が美しく、
    格調高き陶磁器です。本展覧会では、優雅な美、また親しみ溢れる多様な
    「宋磁」の世界を、宋時代前後のやきものの様相とあわせてご紹介いたし
    ます。
c0153302_16504596.jpg

  次回「生誕150年 横山大観展」
  2018年4月13日(金)~5月27日(日)
  休館日:月曜日(4月30日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金、土曜日は20:00まで)
  一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催
    します。
    東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術
    院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋から
    さまざまなものや情報が押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を
    継承しつつ、時に改変を試み、また主題についても従来の定型をかるがると
    脱してみせました。
    出品点数92点。本画84点、習作ほか資料8点を展観する大回顧展です。
c0153302_23571598.jpg

<<<六本木・乃木坂>>>

  「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
  2018年2月14日(水)~5月7日(月)
  休館日:毎週火曜日(ただし5月1日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00
    (金、土曜日、4月28日(土)~5月6日(日)は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、
    生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られてい
    ます。この度、ビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術
    館に移管されることになり、最後の機会として、日本での展覧会が実現す
    ることとなりました。
    本展では、近代美術の精華といえる作品64点を展示し、絵画史上、最も
    有名な少女像ともいわれる《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛い
    イレーヌ)》、スイス国外に初めて貸し出されることになった4メートル
    を超えるモネ晩年の睡蓮の大作など、極め付きの名品で構成されるこの幻
    のコレクションの魅力のすべてを、多くの方々にご堪能いただきたいと思
    います。
c0153302_13510728.jpg

c0153302_13511302.jpg

  「ガレも愛した-清朝皇帝のガラス」
  2018年4月25日(水)~7月1日(日)
  休館日:火曜日 (5月1日、6月26日は18時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金・土曜日~20:00)
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    ガラスといえば、「透明性」と「はかなさ」が最大の魅力ですが、特に
    最盛期の清朝のガラスは趣が異なり、「透明」と「不透明」の狭間で、
    重厚で卓越した彫琢が際立っています。
    その類まれなる美しさは、フランス・アール・ヌーヴォー期を代表する
    芸術家・ガレ(1846-1904)をも魅了し、彼の造形に取り込ま
    れていきました。本展は、清朝皇帝のガラスの美を、ガレの作品とも比
    較しながら、有数のコレクションでご紹介する試みです。
c0153302_21260900.jpg

 「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」
  2018.4月25日(水)~ 9月17日(月)
  休館日:無休
  開館時間:10:00~20:00(火曜日は~17:00)
  一般 1,800円、高校・大学生1,200円、中学生以下600円
  [概要] (HPより)
    いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤
    忠雄、妹島和世など多くの日本人建築家たちが国際的に高い評価を得て
    いるのは、古代からの豊かな伝統を礎とした日本の現代建築が、他に類
    を見ない独創的な発<想と表現を内包しているからだとはいえないでし
    ょうか。本展は、いま、日本の建築を読み解く鍵と考えられる9つの特質
    で章を編成し、機能主義の近代建築では見過ごされながらも、古代から
    現代までその底流に脈々と潜む遺伝子を考察します。

<<<渋谷・恵比寿・目黒+表参道+白金台>>>

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「猪熊弦一郎展『猫たち』」
  2018/3/20(火)-4/18(水)
  休館日:会期中無休
  開館時間:10:00~18:00 (金・土~21:00)
  一般 1,300円/高・大学生900円/中学生・小学生600円
  [概要] (HPより)
    夫婦ともに猫好きだった猪熊家。たくさんの猫に囲まれた暮らしのなか
    で、猪熊は、画家の目で猫をとらえるようになりました。
    本展では、猪熊が描いた猫の絵を、作風や技法、他のモチーフとの組み
    合わせなど複数の視点からご紹介します。

  「光琳と乾山」
  2018年4月14日(土)~5月13日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,300円・大学生・高校生1,000円・中高生以下無料
  [概要] (HPより)
    尾形光琳(1658~1716)は、江戸時代のなかばに、日本美術における
    装飾の伝統を現代のデザインに伯仲する次元にまで高めた画家であり、
    意匠作家です。光琳の弟である乾山(1663~1743)は、やきものの世
    界に新風を巻き起こした陶芸家です。
    本展覧会は、美術史上類まれな二人の芸術家兄弟において展開した豊か
    な造形、ときに相反し、ときに響き合う美の世界を展観し、そこにどの
    ような美意識の交流があったのかを探り、ひいては光琳と乾山それぞれ
    の魅力を見つめ直そうとするものです。
c0153302_21391765.jpg

  「『光画』と新興写真」
  2018年3月6日(火)~5月6日(日)
  休館日:月曜日(ただし、4月30日[月・振休]、5月1日[火]は開館)
  一般700円/大学生600円/中高生500円
  [概要] (HPより)
    「新興写真」とはドイツの「新即物主義(ノイエザッハリヒカイト)」や
    シュルレアリスムなどの影響をうけ、それまでのピクトリアリズム(絵画
    主義写真)とは異なり、カメラやレンズによる機械性を生かし、写真でし
    かできないような表現をめざした動向です。
    『光画』とは1932年から1933年までわずか2年足らずしか発行されなかっ
    た写真同人雑誌です。
  

  「桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―」
  2018年3月10日(土)~5月6日(日)
  休館:月曜日(ただし、4/30(月)、5/1(火)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円/大学・高校生800円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本の春を象徴する桜。このたび、山種コレクションの中から、桜が描か
    れた作品を厳選し、一堂に公開する展覧会を6年ぶりに開催いたします。
    近代・現代の日本画においても、桜は重要な題材であり続けました。
    山種美術館は名だたる日本画家たちによる桜の絵画で満開となります。会
    場でお花見を楽しみながら、季節を満喫していただければ幸いです。
  
c0153302_14155029.jpg


  館蔵展「 古伊万里 華やぎのうつわ」「日本画展」
  2018年1月30日(火)~2018年5月20日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般800円、中高・大学生 500円、小学生 無料
  [概要] (HPより)
    
  
c0153302_16011981.jpg

c0153302_16014912.jpg


<<<新宿・(池袋)+千駄ヶ谷+護国寺>>>

  「ターナー 風景の詩」
  2018年4月24日(火)~7月1日(日)
  休館:月曜日(ただし4月30日は開館、翌5月1日も開館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般1,300円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    イギリスを代表する風景画の巨匠、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・
    ターナー(1775~1851)の展覧会です。穏やかな田園風景、嵐の海、
    聳(そび)え立つ山岳など、自然の様々な表情を優れた技法で表現した
    ターナー。独特の光や空気感に包まれたターナーの風景画は、フランス
    の印象派をはじめ、多くの芸術家に影響をあたえました。

  「大きな絵画と小さな絵画」
  2018年5月10日(木)〜6月10日(日)
  一般600円/大学・高校生400円/中学生以下無料
  「バングラデシュ新鋭作家グループ展」
  2018年4月19日(木)〜5月1日(火)
  無料
  休館:3月12日・19日(月)
  開館時間:10:00~17:00(金~19:00)
  [概要] (HPより)

  「近代日本画壇の精鋭たち」
  2018年3月10日(土)〜5月20日(日)
  休館:月・火曜日(祝日の場合は水曜日以降に振替)5月1日、2日
  開館時間:10:00~17:00(金は~19:00)
  一般500円・学生300円・少学生以下無料
  [概要] (HPより)
    “官展”に対し、横山大観を中心とする旧日本美術院派は、1914年
    日本美術院を再興、本格的な在野運動へと進んでいきました。
    ことに、大正から昭和初期にかけては、文、帝展を主舞台とした東京画壇
    と京都画壇、さらに在野の大観率いる日本美術院とがそれぞれ独特の存在
    感を示して鼎立しており、近代日本画壇は、さながら百花繚乱の様相を呈
    していました。
    本展示では、まさに、この時期に重なって形成された野間コレクションよ
    り、近代日本の絵画革新運動を牽引してきた精鋭たちによる美の光彩を感
    じていただきます。
  
c0153302_15374221.jpg


<<<そのほかの地域>>>

  「詩歌と物語のかたち」
  2018年3月31日[土]―5月6日[日]
  休館:月曜日(4月30日は開館)、5月1日[火]
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大学生・高校生700円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    館蔵品の中から、詩歌や物語を題材とした書画の名品約五十点を選び展示
    (会期中一部展示替あり)。名歌を書した平安時代の古筆、歌人の代表歌
    と姿を描いた歌仙絵のほか、物語絵、琳派作品など、絵画と書そして言葉
    がもつイメージが響きあう美の世界を展観します。
c0153302_21545213.jpg

  「現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展」
  2018年1月6日[土]-6月3日[日]
  休館日:月曜日
    (ただし、祝日にあたる 1 月 8 日、2 月 12 日、4 月 30 日は開館、翌日休館)
    展示替え休館:3 月 12 日[月]- 20 日[火]
  開館時間:11:00 - 17:00(祝日でない水曜は20:00まで)
  [概要] HPより
    原美術館は、1979 年日本における現代美術館の先がけとして開館しま
    した。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を
    傾け、様々な展覧会を開催する一方、コレクション活動にも力を注いで
    きました。本展は、ひとつひとつ丹念に収集した 1950 年代以降の絵画、
    立体、写真、映像、インスタレーションなど所蔵作品約 1000 点の中か
    ら、原が初めて自ら選びキュレーションするコレクション展示です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「ヌード NUDE —英国テート・コレクションより」
  2018年3月24日(土) – 6月24日(日)
  休館日:木曜日、5月7日(月)(ただし5月3日(木・祝)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、5月11日(金)・6月8日(金)は~20:30)
  一般 1,600円/高・大学生1,200円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)
    「ヌード」は西洋芸術の永遠のテーマでありながら、それを切り口とした
    大規模な展覧会は前例が多くありません。本展は、この難しいテーマを紐
    解き、ヴィクトリア朝から現代までの約200年におよぶヌードの歴史を辿
    ります。
  
c0153302_16181907.jpg


  「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
  2018年4月13日(金)~5月13日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般1,000円/高・大学生800円/中学生・小学生無料
  [概要] (HPより)
    
c0153302_22035917.jpg

  「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展
          アンディ・ウォーホルから奈良美智まで」

  2018年4月21日(土)~6月17日(日)
  休館日:月曜日(4月30日は開館)
  開館時間:9:30~17:00
  一般800円/大学生・高校生500円
  [概要] (HPより)
    タグチ・アートコレクションは、実業家の田口弘氏が収集した国内有数
    の現代美術コレクションです。400 点を超えるコレクションは、出身地
    もさまざまで、グローバルに活躍する作家たちの作品からなり、いまの
    美術の動向を一望することができます。本展では、コレクションの中か
    ら、2000 年代に制作された作品を中心に、現代の美術作品を紹介しま
    す。
c0153302_22121303.jpg

  「百花繚乱列島-江戸諸国絵師めぐり-」
  2018年4月6日(金)~ 5月20日(日)
  休館日:3月5日(月)
  開館時間:10:00~18:00(金は~20:00)
  一般1,200円/大学生700円
  [概要] (HPより)
    本展では北海道から長崎まで、各地から大集結した実力派絵師達の作品、
    さらに上方や長崎で制作されたご当地の版画作品まで、約190点が一堂に
    会します。博物学の興隆や明清絵画の流入、そして画人達の活発な交流に
    よって豊かに広がるその世界は、まさに百花繚乱!各地いちおしの絵師と
    の出会いを通して、江戸絵画の豊穣を体感していただく展覧会です。
c0153302_22174582.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「特別展 池大雅 天衣無縫の旅の画家」
  2018(平成30)年4月7日(土)~ 5月20日(日)
  休館日:月曜日(ただし4月30日(月・休)は開館、翌5月1日(火)は休館)
  開館時間:  開館時間:9:30~18:00
  一般1,500円/大学生1,200円/高校生900円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    円山応挙や伊藤若冲など、個性派画家がしのぎを削った江戸時代中期の京都
    画壇。その活況のなかで、与謝蕪村とともに「南画の大成者」と並び称され
    るのが池大雅(1723~76)です。その作品は、寡欲で恬淡、きわめて謙虚
    だったと伝えられる人柄を象徴するかのような、清新で衒いのない明るさに
    満ちています。
    本展では、大雅の初期から晩年にいたる代表作を一堂に集め、その画業の全
    体像をご紹介します。
c0153302_22225565.jpg

  「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」
  2018年4月17日(火)~6月10日(日)
  休館日:月曜日(ただし、4月30日(月)は開館)
  開館時間:  開館時間:9:30~17:00
  一般1,400円/大学・高校生1,000円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    太平の世が続いた江戸時代には、多くの戯画(ぎが)が描かれました。
    一口に戯画といっても多種多様なものがありますが、本展では「鳥羽絵」
    をキーワードに江戸時代の戯画をご紹介します。
c0153302_22343543.jpg

  「ミュシャと新しい芸術 アール・ヌーヴォーとミュシャ・スタイル」
  2018年3月17日(土)~7月8日(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日
  開館時間:9:30~17:00 
  一般500円、大学生・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    本展覧会では、ミュシャの作品を19世紀末のヨーロッパで起こった芸術
    潮流、アール・ヌーヴォーのいくつかの側面を踏まえてご紹介します。
    アール・ヌーヴォーは19世紀末のヨーロッパ社会の動きと連動する大き
    な芸術の流れで、曲線や植物的なモチーフを多く使い、装飾的な芸術作
    品が数多く生み出されました。ミュシャの画家としての生涯、そしてミ
    ュシャがデザイナーとして活躍した19世紀末のフランスの社会的状況を
    紹介しながら、ミュシャの人気の秘密に迫ります。
c0153302_22395992.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「ねこがいっぱい ねこアート展」
  2018年4月21日(土)~ 6月24日(日)
  休館:無休
  開館時間:9:00~17:00(金は~19:00)
  一般1,300円/大高生1,000円/小中学生600円
  [概要] (HPより)
    しなやかな肢体や俊敏な運動能力、愛くるしい仕草、柔らかな毛並みなど、
    猫の多彩な魅力は世界中の芸術家たちを魅了してきました。
    本展では、世界中で描き、かたちづくられてきた猫の絵画や彫刻を展示し、
    東西における表象の違いや、人々の暮らしの中でみせる猫の様相、歌川国芳
    やフジタら愛猫家たちによって鋭い観察力で捉えられた姿など、猫の美術の
    歴史を辿りながら、その限りない魅力に迫ります。
c0153302_22451016.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。



by AT_fushigi | 2018-04-11 22:45 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリアplus)...2018年03月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



------------------------
------   03月 美術鑑賞詳細  ------
------------------------

< 1,2月(無)                   04月へ >

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<<<上野+両国>>>

  通常展示
  特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
   2018年1月16日(火)~3月11日(日)

  アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝
   2018年1月23日(火) ~ 2018年月13日(日)
  休館日:月曜日(ただし2月12日(月・休)、3月26日(月)、4月2日(月)、
    4月30日(月・祝)は開館、2月13日(火)は休館)
  開館時間:9:30~17:00
   (ただし、金曜・土曜および11月2日(木)は21:00まで開館)
  一般620円、大学生410円、高校生以下無料

  「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」
  2018年2月24日(土)~5月27日(日)
  休館 月曜日((ただし、3月26日(月)と4月30日(月)は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金、土曜日は~20:00)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に
    開設された、世界屈指の美の殿堂です。本展は、同美術館の誇りであり、
    西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660
    年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。
c0153302_00565945.jpg

  「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」
  2018年1月23日(火)~4月1日(日)
  休館 月曜日、2月13日(火) (ただし、2月12日(月・休)は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,600円、大学生1,300円、高校生800円、中学生以下は無料
  [概要] (HPより)
    16、17世紀のヨーロッパにおいてもっとも影響力を持った画家一族の
    ひとつであったブリューゲル一族。本展は貴重なプライベート・コレク
    ションの作品を中心とした約100点の作品により、ブリューゲル一族と、
    彼らと関わりのある16、17世紀フランドル絵画の全体像に迫ろうとい
    う挑戦的な展示になります。
c0153302_01034961.jpg

  「VOCA展 2018」
  2018年3月15日(木)〜3月30日(金)
  休館:無休
  開館時間:10:00~18:00
  一般600円、大学生500円、高校生以下無料

  特別展「人体―神秘への挑戦―」
  2018年3月13日(火)~6月17日(日)
  休館日:毎週月曜日(3月26日(月)、4月2日(月)、
    4月30日(月・振替休日)、6月11日(月)は開館)
  開館時間:9:00~17:00
    4月29日(日)、30日(月・振替休日)、 5月3日(木・祝)(~20:00)
    5月1日(火)、2日(水)、6日(日) (~18:00)
  一般・大学生 1,600円、小中高校生:600円
  [概要] (HPより)
    ルネサンスより続く人体を理解するための努力の歴史を振り返りながら、
    人体の構造と機能を解説し、最先端の研究でどのように変わりつつある
    のかを紹介します。

  改修工事のため全館休館:2017年10月1日(日)〜2018年3月31日(土)


<<<神田・東京・有楽町+竹橋>>>

  「三井家のおひなさま」
  2018年2月10日(土)~4月8日(日)
  休館日:月曜日、2月25日
    (2月12日、16日は開館)  開館時間:10:00〜17:00
  一般1,000円/大学・高校生500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    日本橋に春の訪れを告げる「三井家のおひなさま」展。今年も三井家の
    夫人や娘が大切にしてきたひな人形やひな道具を、一堂に公開いたしま
    す。
    北三井家十代・高棟(たかみね)夫人の苞子 (もとこ)(1869-1946)、
    十一代・高公(たかきみ)夫人の鋹子(としこ) (1901-1976)、高公
    の一人娘・浅野久子氏(1933年生まれ)、伊皿子三井家九代高長(たかひ
    さ)夫人・興子(おきこ) (1900-1980)旧蔵の贅をつくした逸品が並
    びます。とくに京都の丸平大木人形店・ 五世大木平藏が特別に制作した、
    浅野久子氏の幅3メートル、高さ5段の豪華なひな段飾りは必見です。

  「ルドン~秘密の花園~」
  2018年2月8日(木)~5月20日(日)
  休館日: 月曜休館(但し、祝日の場合、5/14と3/26は開館)
  開館時間:10:00~18:00
    (祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)
  一般1,700円、大学生・高校生1,000円、中学500円
  [概要] (HPより)
    オディロン・ルドン(1840-1916年)は、印象派の画家たちと同世代で
    ありながら、幻想的な内面世界に目を向け、その特異な画業は、今も世
    界中の人の心を魅了して止みません。なかでも本展は植物に焦点をあてた、
    前例のない展覧会となります。
    オルセー美術館、ボルドー美術館、プティ・パレ美術館(パリ)、ニューヨ
    ーク近代美術館[MoMA]、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、シカゴ美
    術館、フィリップス・コレクションなど海外の主要美術館から、植物のモテ
    ィーフのルドン作品が来日し、およそ90点により構成する大規模なルドン展
    となります。
c0153302_01391105.jpg

  2015年5月18日から休館。


  「色絵 Japan CUTE !」
  2018年1月12日(金)~3月25日(日)
  休館日: 月曜休館(ただし、月曜祝日の場合開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜は19:00まで)
  一般1,000円、大学生・高校生700円、中学以下無料
  [概要] (HPより)]
    色絵は、古九谷・柿右衛門・鍋島といった磁器や、野々村仁清(ののむら
    にんせい)・尾形乾山(おがた けんざん)の京焼に代表される、江戸時代
    に花開いたカラフルなやきものです。日本文化の多彩な特性を映し出す、
    絢爛として愛らしい色絵の世界を、どうぞお楽しみください。

  次回「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」
  2017年12月1日(金)~2018年3月21日(水・祝)
  休館日:毎週月曜日(1/8、2/12は開館)、年末年始(12/28-1/1)、
    1/9(火)、2/13(火)
  開館時間:10:00~17:00 (金、土曜日は20:00まで)
  一般1,400円、大学生900円、高校生400円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    熊谷守一(くまがい・もりかず 1880‐1977)は、明るい色彩とはっきり
    したかたちを特徴とする作風で広く知られます。特に、花や虫、鳥など身
    近な生きものを描く晩年の作品は、世代を超えて多くの人に愛されていま
    す。
    東京で久々となるこの回顧展では、200点以上の作品に加え、スケッチや
    日記などもご紹介し、画家の創造の秘密に迫ります。
c0153302_23571598.jpg

<<<六本木・乃木坂>>>

  「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
  2018年2月14日(水)~5月7日(月)
  休館日:毎週火曜日(ただし5月1日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00
    (金、土曜日、4月28日(土)~5月6日(日)は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、
    生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られてい
    ます。この度、ビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術
    館に移管されることになり、最後の機会として、日本での展覧会が実現す
    ることとなりました。
    本展では、近代美術の精華といえる作品64点を展示し、絵画史上、最も
    有名な少女像ともいわれる《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛い
    イレーヌ)》、スイス国外に初めて貸し出されることになった4メートル
    を超えるモネ晩年の睡蓮の大作など、極め付きの名品で構成されるこの幻
    のコレクションの魅力のすべてを、多くの方々にご堪能いただきたいと思
    います。
c0153302_13510728.jpg

c0153302_13511302.jpg

  「江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」
  2018年2月14日(水)~4月8日(日)
  休館日:火曜日 (4月3日は18時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金・土曜日~20:00)
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    寛永文化は「きれい」という言葉に象徴される瀟洒な造形を特徴とし、
    当時の古典復興の気運と相まって、江戸の世に「雅」な世界を出現さ
    せることとなりました。本展ではこのような近世初期の「雅」を担っ
    た宮廷文化と、それと軌を一にして生まれた新時代の美意識が、小堀
    遠州、野々村仁清、狩野探幽などの芸術に結実していく様子をご覧い
    ただきます。

 「サンシャワー展」
  2017年11月18日(土)~ 2018年4月1日(日)
  休館日:無休
  開館時間:10:00~20:00(火曜日は~17:00)
  一般 1,800円、高校・大学生1,200円、中学生以下600円
  [概要] (HPより)
    本展は、エルリッヒの24年にわたる活動の全容を紹介する、世界でも
    過去最大規模の個展です。1995年から2017年までに制作された作品の
    うち約40点を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通して
    」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験する
    ことになるでしょう。
  
c0153302_16492938.jpg


<<<渋谷・恵比寿・目黒+表参道+白金台>>>

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「猪熊弦一郎展『猫たち』」
  2018/3/20(火)-4/18(水)
  休館日:会期中無休
  開館時間:10:00~18:00 (金・土~21:00)
  一般 1,300円/高・大学生900円/中学生・小学生600円
  [概要] (HPより)
    夫婦ともに猫好きだった猪熊家。たくさんの猫に囲まれた暮らしのなか
    で、猪熊は、画家の目で猫をとらえるようになりました。
    本展では、猪熊が描いた猫の絵を、作風や技法、他のモチーフとの組み
    合わせなど複数の視点からご紹介します。
  

  「香合百花繚乱」
  2018年2月22日(木)~3月31日(土)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,100円・大学生・高校生800円・中高生以下無料
  [概要] (HPより)
    「香合」は、「香」を入れる蓋付きの容器のこと。茶の湯の道具のなか
    でも特に人気の高いものです。
    香合ほど種類が豊富な茶道具は他にありません。
    このたびの展覧会では香合約170点を展示し、その世界が花開いていく
    様子をご覧いただきます。茶席を彩る小さな香合の愛らしい姿をお楽し
    みください。
  
c0153302_13325128.jpg


  「『光画』と新興写真」
  2018年3月6日(火)~5月6日(日)
  休館日:月曜日(ただし、4月30日[月・振休]、5月1日[火]は開館)
  一般700円/大学生600円/中高生500円
  [概要] (HPより)
    「新興写真」とはドイツの「新即物主義(ノイエザッハリヒカイト)」や
    シュルレアリスムなどの影響をうけ、それまでのピクトリアリズム(絵画
    主義写真)とは異なり、カメラやレンズによる機械性を生かし、写真でし
    かできないような表現をめざした動向です。
    『光画』とは1932年から1933年までわずか2年足らずしか発行されなかっ
    た写真同人雑誌です。
  

  「桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―」
  2018年3月10日(土)~5月6日(日)
  休館:月曜日(ただし、4/30(月)、5/1(火)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円/大学・高校生800円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本の春を象徴する桜。このたび、山種コレクションの中から、桜が描か
    れた作品を厳選し、一堂に公開する展覧会を6年ぶりに開催いたします。
    近代・現代の日本画においても、桜は重要な題材であり続けました。
    山種美術館は名だたる日本画家たちによる桜の絵画で満開となります。会
    場でお花見を楽しみながら、季節を満喫していただければ幸いです。
  
c0153302_14155029.jpg


  館蔵展「 古伊万里 華やぎのうつわ」「日本画展」
  2018年1月30日(火)~2018年5月20日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般800円、中高・大学生 500円、小学生 無料
  [概要] (HPより)
    
  
c0153302_16011981.jpg

c0153302_16014912.jpg


<<<新宿・(池袋)+千駄ヶ谷+護国寺>>>

  「FACE展2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
  2018年2月24日(土)~3月30日(金)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~18:00
  一般600円・大高生400円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された
    本展は、今回で6回目を迎え、新進作家の動向を反映する公募コンクール
    として定着しつつあります。
  
c0153302_15044799.jpg


  「武蔵野美術大学大学院修士課程日本画コース終了制作展「離陸」」
  2018年3月8日(木)〜3月21日(水・祝)
  休館:3月12日・19日(月)
  開館時間:10:00~17:00(金~19:00)
  無料
  [概要] (HPより)
    武蔵野美術大学大学院をこの3月に修了する同大大学院2年生による作品
    展示です。武蔵野美術大学で日本画を学んだ彼らの学生時代を締めくく
    る作品をご覧下さい。
  
c0153302_15194510.jpg


  「近代日本画壇の精鋭たち」
  2018年3月10日(土)〜5月20日(日)
  休館:月・火曜日(祝日の場合は水曜日以降に振替)5月1日、2日
  開館時間:10:00~17:00(金は~19:00)
  一般500円・学生300円・少学生以下無料
  [概要] (HPより)
    “官展”に対し、横山大観を中心とする旧日本美術院派は、1914年
    日本美術院を再興、本格的な在野運動へと進んでいきました。
    ことに、大正から昭和初期にかけては、文、帝展を主舞台とした東京画壇
    と京都画壇、さらに在野の大観率いる日本美術院とがそれぞれ独特の存在
    感を示して鼎立しており、近代日本画壇は、さながら百花繚乱の様相を呈
    していました。
    本展示では、まさに、この時期に重なって形成された野間コレクションよ
    り、近代日本の絵画革新運動を牽引してきた精鋭たちによる美の光彩を感
    じていただきます。
  
c0153302_15374221.jpg


<<<そのほかの地域>>>

  「中国の陶芸展」
  2018年2月24日[土]―3月25日[日]
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大学生・高校生700円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    
  
c0153302_15413028.jpg


  「現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展」
  2018年1月6日[土]-6月3日[日]
  休館日:月曜日
    (ただし、祝日にあたる 1 月 8 日、2 月 12 日、4 月 30 日は開館、翌日休館)
    展示替え休館:3 月 12 日[月]- 20 日[火]
  開館時間:11:00 - 17:00(祝日でない水曜は20:00まで)
  [概要] HPより
    原美術館は、1979 年日本における現代美術館の先がけとして開館しま
    した。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を
    傾け、様々な展覧会を開催する一方、コレクション活動にも力を注いで
    きました。本展は、ひとつひとつ丹念に収集した 1950 年代以降の絵画、
    立体、写真、映像、インスタレーションなど所蔵作品約 1000 点の中か
    ら、原が初めて自ら選びキュレーションするコレクション展示です。
  


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「ヌード NUDE —英国テート・コレクションより」
  2018年3月24日(土) – 6月24日(日)
  休館日:木曜日、5月7日(月)(ただし5月3日(木・祝)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、5月11日(金)・6月8日(金)は~20:30)
  一般 1,600円/高・大学生1,200円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)
    「ヌード」は西洋芸術の永遠のテーマでありながら、それを切り口とした
    大規模な展覧会は前例が多くありません。本展は、この難しいテーマを紐
    解き、ヴィクトリア朝から現代までの約200年におよぶヌードの歴史を辿
    ります。
  
c0153302_16181907.jpg


  「再興第102回 院展」
  2018年3月10日(土)~3月26日(月)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般800円/高・大学生600円/中学生・小学生無料
  [概要] (HPより)
    日本美術院が開催する秋の本展の巡回展。
  
c0153302_16235259.jpg


  「長谷川さちの彫刻」
  2017年12月2日(土)~2018年4月8日(日)
  休館日:月曜日(1月8日は開館)、1月9日(火)、年末年始(12月29日~1月3日)
  開館時間:9:30~17:00
  無料
  [概要] (HPより)
    長谷川さち(1982年兵庫県生まれ)は、武蔵野美術大学を卒業後、2006
    年に同大学院修了し、在学時代から個展、グループ展に黒御影石、砂岩な
    どの彫刻作品を発表してきました。 
    長谷川の彫刻作品は、日本古来から人々が見てきたであろう景色や営み、
    そして自然現象、畏怖すべき対象などを参照しており、魂の循環や不可視
    な世界の存在を、何千年と存在し続けている石を通して、この現代に交差
    させ出現させようとしてきました。
    全国の美術館で初の本格的な個展となる気鋭の作家が、高さ11メートルの
    展示空間と共鳴し、いかに対峙するかご期待ください。
  
c0153302_14140377.gif


  「第49回千葉市民美術展覧会」
  2018年3月3日(土)~3月23日(金)
  休館日:3月5日(月)
  開館時間:10:00~18:00
  無料


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「貝塚廣海家コレクション受贈記念 豪商の蔵─美しい暮らしの遺産─」
  2018年2月3日 ~ 3月18日
  休館日:月曜日(ただし、月曜祝日の場合は火曜日)
  開館時間:  開館時間:9:30~17:00
  一般520円/大学生260円/高校生・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    廣海家は、大阪府貝塚市の旧商家。米穀の廻船問屋として天保6年
    (1835)に開業し、肥料商、株式投資、銀行経営などで財をなし、
    地域の近代産業の発展に寄与しました。
    豪商の蔵に眠る大量の書画、茶器、調度が、当館に寄贈されました。
    秀吉の書状をはじめ、伊藤若冲、司馬江漢、柴田是真の作品など、
    商家の暮らしのなかで使われてきた品々をお披露目します。
  

  「第4回日展」
  2018年2月24日(土)~3月25日(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:  開館時間:9:30~17:00
  一般520円/大学・高校生260円/中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日展は、明治40年に文部省美術展覧会として始まり、名称の変更や組織を
    改革しながら100年をこえる長きにわたって続いてきた日本で最も歴史と
    伝統のある公募展です。
  
c0153302_16552973.jpg


  企画展「図案のすすめ ミュシャとデザイン」
  2017/11/11(土)~2018/03/11(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日
  開館時間:9:30~17:00 
  一般500円、大学生・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    本展覧会ではミュシャの『装飾資料集』と共に、浅井忠の図案や京都
    高等工芸学校で展開された図案教育をご紹介します。
  
c0153302_17213948.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「ミュシャ展 ―運命の女たち―」
  2018年2月24日(土)~ 4月8日(日)
  休館:無休
  開館時間:9:00~17:00(金は~19:00)
  一般1,300円/大高生1,000円/小中学生600円
  [概要] (HPより)
    ミュシャのデザインのほとんどが、魅惑的な女性とともに内容が紹介され
    る型式をとります。当時は、社会に対して主張する女性「ニューウーマン」
    たちが誕生した時期にあたり、ポスターに描かれたお酒を飲み、自転車に
    乗る女性は、世紀末的な女性像を象徴するものでもありました。
  
c0153302_17162306.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。

東京美術館アクセスで分類

山手線
  上野付近:東京国立博物館、国立西洋美術館、東京都美術館、
      上野の森美術館、国立科学博物館、江戸東京博物館(両国)
  東京・神田・有楽町駅付近:三井記念美術館、三菱一号館美術館、
      ブリヂストン美術館、出光美術館
  品川:原美術館
  恵比寿・渋谷・目黒駅付近:山種美術館、東京都写真美術館、
      Bunkamuraザ・ミュージアム、、根津美術館(表参道)、
      松岡美術館(白金台)
  新宿駅付近:損保ジャパン日本興亜美術館、佐藤美術館(千駄ヶ谷)
  池袋:講談社野間記念館(バスor護国寺)
山手線内
  竹橋:東京国立近代美術
  六本木付近:国立新美術館、サントリー美術館、
      森アーツセンターギャラリー
東京近郊
  上野毛:五島美術館

by AT_fushigi | 2018-03-11 17:08 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリアplus)...2017年12月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



------------------------
------   12月 美術鑑賞詳細  ------
------------------------

< 11月                   2018年 1月へ >

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京国立博物館
  通常展示
  次回は特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
   2018年1月16日(火)~3月11日(日)

国立西洋美術館
  「北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
  2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)
  休館 月曜日(ただし、1月8日(月)は開館)、
    2017年12月28日(木)~2018年1月1日(月)、1月9日(火)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00、ただし11月18日は午後5時30分まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    19世紀後半、日本の美術が、西洋で新しい表現を求める芸術家たち
    を魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでも最
    も注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その
    影響は、モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわ
    たり、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に
    及びました。
    本展は西洋近代芸術の展開を“北斎とジャポニスム”という観点から
    編み直す、日本発・世界初の展覧会です。
c0153302_12073457.jpg

東京都美術館
  「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
  2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
  休館 月曜日、12月31日(日)、1月1日(月・祝)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,600円、大学生1,300円、高校生800円、中学生以下は無料
  [概要] (HPより)
    フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、パリ時代から
    アルル時代前半にかけて、浮世絵や日本に関する文献を集めるな
    ど、日本に高い関心を寄せていました。一方で、ファン・ゴッホ
    の死後、日本の芸術家や知識人が、この画家に憧れ、墓のあるオ
    ーヴェール=シュル=オワーズを巡礼していたことが明らかになり
    ました。本展では、ファン・ゴッホの油彩画やデッサン約40点、
    同時代の画家の作品や浮世絵など約50点に加え、関連資料を通し
    て、ファン・ゴッホと日本の相互関係を探り、その新たな魅力を
    紹介します。
c0153302_12155712.jpg

上野の森美術館
  「怖い絵」展
  2017年10月7日 (土) 〜 12月17日 (日)
  休館:無休  一般1,600円、大学生・高校生1,200円、中小学生600円
  [概要] (HPより)
    ドイツ文学者・中野京子氏が2007年に上梓した『怖い絵』は、
    「恐怖」をキーワードに西洋美術史に登場する様々な名画の場
    面を読み解き、隠されたストーリーを魅力的に伝える本として
    ベストセラーとなり多方面で大きな反響を呼びました。
    同書の第一巻が発行されてから10周年を記念して開催する本展
    は、シリーズで取り上げた作品を筆頭に「恐怖」を主題とする
    を選び出しテーマごとに展示します。
c0153302_10055291.jpg

国立科学博物館
  特別展「古代アンデス文明展」
  2017年10月21日(土)~2018年2月18日(日)
  休館日:毎週月曜日(1/8(月)、2/12(月)は開館)、
    12/28(木)~1/1(月)、1/9(火)
  開館時間:9:00~17:00(金・土、11月1日(水)、
    11月2日(木)は20:00まで)
  一般・大学生 1,600円、小中高校生:600円
  [概要] (HPより)
    本展では、アンデス文明を代表する9つの文化の特徴とともに、
    いまだ残る数々の「謎」や身体加工の風習などの最新の知見を、
    優れた意匠の土器・織物、黄金の仮面やミイラなど約200点の貴
    重な資料で紹介します。
c0153302_10160160.jpg

江戸東京博物館
  
  改修工事のため全館休館:2017年10月1日(日)〜2018年3月31日(土)


三井記念美術館
  「国宝 雪松図と花鳥」
  2017年12月9日(土)~2018年2月4日(日)
  休館日:月曜日、年末年始(12月28日~1月3日)、1月9日、28日
    ただし、12月25日、1月8日、29日は開館
  開館時間:10:00〜17:00
  一般1,000円/大学・高校生500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    国宝 雪松図屏風の新春公開にあわせ、館蔵品のなかから、今回は花鳥、
    なかでも「鳥」に焦点をあわせた展覧会です。特に、渡辺始興筆「鳥類
    真写図巻」は、全長17m余りの長大な鳥類図巻で、近世の写生図を考え
    る上でも重要な作品として知られています。今回はこの図巻の全図を一
    挙に展示いたします。

三菱一号館美術館
  「パリ♥グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
  2017年10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝)
  休館日: 月曜休館(但し、1月8日、10月30日(月)、11月27日(月)、
    12月25日(月)は開館)
    年末年始休館:2017年12月29日~2018年1月1日
  開館時間:10:00~18:00
    (祝日を除く金曜、11月8日、12月13日、1月4日、1月5日は21:00まで)
  一般1,700円、大学生・高校生1,000円、中学500円
  [概要] (HPより)]
    三菱一号館美術館が、アムステルダムのファン・ゴッホ美術館と共催で
    催す本展(既にアムステルダムで開催;2017年3月3日~6月17日)は、
    世紀末のパリのグラフィック芸術(印刷芸術=すなわちポスターや版画)
    に焦点をあてています。
    この時代のグラフィック作品の見事なコレクションを持つゴッホ美術館と、
    トゥールーズ=ロートレックやナビ派の重要な作品を所蔵する三菱一号館
    美術館は、2014年の「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展開催において
    もパリのオルセー美術館とともに共同主催館となりましたが、今回も緊
    密な協力体制を組みました。両館の収集作品の特性を生かしながら、眼の
    肥えた世紀末の愛好家・収集家たちの要請に応えた精緻で高品質の作品と、
    高まる商業的受容の中でパリの街角や劇場、キャバレーなどで輝いたポス
    ターやパンフレットという二つの方向性を明快に提示します。
c0153302_14122510.jpg

ブリヂストン美術館
  
  2015年5月18日から休館。


出光美術館
  「書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意」
  2017年11月11日(土)〜12月17日(日)
  休館日: 月曜休館(ただし、月曜祝日の場合開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜は21:00まで)
  一般1,000円、大学生・高校生700円、中学以下無料
  [概要] (HPより)]
    日本における書の伝統と芸術の思潮は、中国を手本としながら独自の発展を
    遂げたものです。漢字の使用に加えて仮名が併用されるようになった平安時
    代には、早くも書表現や美意識に変化があらわれて見えます。また伝統美を
    正しく継承しようとする貴族たちに対し、僧侶や武家たちは創意あふれる自
    由な表現を楽しんだ中世には、書の世界の秩序を保とうとすべく学書の教則
    本が編まれています。
    本展では、今日の私たちにとって、書への眼差しとはいかなるものかを再確
    認します。

東京国立近代美術館
  次回「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」
  2017年12月1日(金)~2018年3月21日(水・祝)
  休館日:毎週月曜日(1/8、2/12は開館)、年末年始(12/28-1/1)、
    1/9(火)、2/13(火)
  開館時間:10:00~17:00 (金、土曜日は20:00まで)
  一般1,400円、大学生900円、高校生400円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    熊谷守一(くまがい・もりかず 1880‐1977)は、明るい色彩とはっきりした
    かたちを特徴とする作風で広く知られます。特に、花や虫、鳥など身近な生き
    ものを描く晩年の作品は、世代を超えて多くの人に愛されています。
    東京で久々となるこの回顧展では、200点以上の作品に加え、スケッチや日記
    などもご紹介し、画家の創造の秘密に迫ります。
c0153302_23571598.jpg

国立新美術館
  「安藤忠雄展―挑戦―」
  2017年9月27日(水)~12月18日(月)
  休館日:毎週火曜日
  開館時間:10:00~18:00 (金、土曜日は20:00まで)
  一般1,500円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、この稀代の建築家が、いかに生きて、いかに創り、今また
    どこに向かおうとしているのか―その壮大な挑戦の軌跡と未来への展
    望を「原点/住まい」「光」「余白の空間」「場所を読む」「あるも
    のを生かしてないものをつくる」「育てる」という6つのセクション
    に分けて紹介します。
c0153302_15265948.jpg

  「新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
  2017年9月27日(水)~12月18日(月)
  休館日:毎週火曜日
  開館時間:10:00~18:00 (金、土曜日は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    アニメーション監督・新海誠のデビュー15周年を記念し、『新海誠展
    「ほしのこえ」から「君の名は。」まで』を開催します。本展は貴重な
    制作資料である絵コンテや作画、設定資料や映像などの展示を通じて、
    そうした新海誠の15年の軌跡を振り返ります。
c0153302_22160317.jpg

サントリー美術館
  「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
  2017年11月22日(水)~2018年1月28日(日)
  休館日:火曜日
    1月2日、9日、16日、23日は18時まで開館
    12月30日(土)~1月1日(月・祝)は年末年始のため休館
  開館時間:10:00~18:00 (金・土と11月22日、1月7日~20:00)
    12月29日(金)は18時まで
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展は、「セーヴル陶磁都市」の所蔵する名品・優品によって、およそ
    300年におよぶセーヴル磁器の創造の軌跡をご紹介する日本で初めて
    の展覧会です。
c0153302_15351483.jpg

東京都写真美術館
  「生誕100年 ユージン・スミス写真展」
  2017年11月25日(土)~2018年1月28日(日)
  休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)、
    年末年始12月29日1月1日
  一般1,000円、大学生800円、中高生600円
  [概要] (HPより)
    W.ユージン・スミス(1918-1978)は、写真史上、もっとも偉大な
    ドキュメンタリー写真家のひとりです。グラフ雑誌『ライフ』を中心に
    「カントリー・ドクター」、「スペインの村」、「助産師モード」、
    「慈悲の人」など数多くの優れたフォト・エッセイを発表し、フォ
    ト・ジャーナリズムの歴史に多大な功績を残しました。
    本展覧会は、生誕100年を回顧するもので、スミス自身が生前にネガ、
    作品保管を寄託したアリゾナ大学クリエイティヴ写真センターによる
    協力のもと、同館所蔵の貴重なヴィンテージ・プリント作品を150点
    展示します。
c0153302_01153457.jpg

  「アジェのインスピレーション」
  2017年12月2日(土)~2018年1月28日(日)
  休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)、
    年末年始12月29日1月1日
  一般600円、大学生500円、中高生400円
  [概要] (HPより)
    ウジェーヌ・アジェは19世紀末から20世紀初頭にかけて、パリとその周辺
    を捉えた写真家です。歴史的建造物や古い街並み、店先や室内、看板、公
    園、路上で働く人々など、近代化が進み、消えゆく運命にあった「古きパリ」
    を体系的に記録しました。
    本展は、アジェの同時代の写真表現と、アジェの先達となる写真家の作品も
    併せて展示し、紐解こうとするものです。
山種美術館
  「川合玉堂―四季・人々・自然―」
  2017年10月28日(土)~12月24日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、初期の《鵜飼(うかい)》(1895年、山種美術館)から、大正期の
    《紅白梅(こうはくばい)》(1919年、玉堂美術館)をはじめとする琳派等さ
    まざまな研究を経て新たな境地を拓いた作品、円熟期の《彩雨(さいう)》
    (1940年、東京国立近代美術館)、晩年の牧歌的な作風を示す《早乙女(さ
    おとめ)》(1945年、山種美術館)や《屋根草を刈る(やねくさをかる)》
    (1954年、東京都)まで、代表作を中心とする名作の数々とともに、
    玉堂の70年にわたる画業をご紹介します。
c0153302_15593202.jpg

損保ジャパン日本興亜美術館
  「日本・デンマーク国交樹立150周年記念 デンマーク・デザイン」
  2017年11月23日(木・祝)~12月27日(水)
  休館:月曜日(ただし12月25日は開館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般1,200円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    デンマークは、近年人気を集める北欧デザインの中でも、数々の巨匠を
    輩出し続けるデザイン大国でもあります。特に第二次大戦後の「ミッド
    ・センチュリー(20世紀中頃)」と呼ばれるデザイン史上の黄金期には、
    アーネ・ヤコプスン[アルネ・ヤコブセン]、ハンス・ヴィーイナ[ウェグ
    ナー]、フィン・ユール等のデザイナーたちが、多くの優品を創り出しま
    した。それらのシンプルな美しさと機能性、技術力に支えられた高いク
    オリティは、現代までのデンマーク・デザインの大きな特徴をなしています。
    本展ではデンマーク・デザインの魅力に迫ります。

根津美術館
  「鏨の華―光村コレクションの刀装具―」
  2017年11月3日(金・祝)~12月17日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,300円・大学生1,100円・中高生以下無料
  [概要] (HPより)
    刀剣外装のための金具は、江戸時代以降に装飾性が増し、金属とは思え
    ないほどのきらびやかで細密な作品が残されました。光村利藻(みつむ
    ら としも・1877-1955)はそんな刀装具を中心に一大コレクションを
    築き、名著『鏨廼花』(たがねのはな)を刊行した明治時代の実業家です。
c0153302_16101604.jpg

講談社野間記念館
  「川合玉堂と東京画壇の画家たち展」
  2017年10月28日(土)〜12月17日(日)
  休館:月・火曜日(祝日の場合は水曜日)
  開館時間:10:00~17:00(金は~19:00)
  一般500円・学生300円・少学生以下無料
  [概要] (HPより)
    玉堂は、明治末から昭和にかけて文展、帝展など官展で活躍しました。
    玉堂の他にも花鳥画の荒木十畝、美人画の鏑木清方などをはじめとして、
    多くの東京周辺の画家たちが、官展を舞台に研鑽にはげみました。
    そして東京画壇の画家の多くは東京美術学校の卒業生であり、玉堂は大
    正4年(1915)から昭和13年まで同校で学生の指導にあたりました。
    そうした東京画壇の歩みの中でも、特に大きな光彩を放った時期に重な
    るように形成された、野間コレクション。その中から佳作を厳選、近代
    日本画の美の潮流、その煌めきに触れていただきます。
c0153302_16152235.jpg

佐藤美術館
  「~現代作家70名が描く、つくる~吾輩の猫展」
  2017年11月7日(火)~ 12月24日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金~19:00)
    一般600円、大学生400円
  [概要] (HPより)
    本展は、70名のアーティストに猫を主題にした作品を依頼しそれを当館
    にて一堂に展覧します。猫に対する愛情溢れる眼差し、そしてアーティ
    スト各々の個性溢れる表現を通して、アートの楽しさ、生き物、生命の
    尊さを感じて頂けることを願います。
c0153302_16193397.jpg

五島美術館
  「茶道具取り合せ展」
  2017年12月9日[土]―2018年2月18日[日]
  休館:月曜日(1月8日・2月12日は開館)、12月25日[月]―1月4日[木]、
    1月9日[火]、2月13日[火]
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大学生・高校生700円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    

原美術館
  「田原桂一『光合成』with田中泯」
  2017年9月9日[土]- 12月24日[日]
  休館日:月曜日
  開館時間:11:00 - 17:00(水曜は20:00まで)
  [概要] HPより
    1970年代から一貫して《光》の探究を続け、国際的な評価を得た写真家・
    田原桂一は、惜しくも病のため本年6月に他界いたしましたが、亡くなる
    直前まで本展の準備に力を注いでいました。今回展示する写真作品46点は、
    世界的に活躍するダンサー・田中泯との類まれなコラボレーション(1978~
    80年および2016年)の中から選び抜いたもので、展覧会の形では日本初公
    開となります。また、会期中には田中泯のソロダンスパフォーマンスも行います。
c0153302_16321612.jpg

松岡美術館
  「高雅典麗 中国陶磁コレクション」  2017年10月4日(水)~2018年1月21日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
    12月30日(土)~1月4日(木)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般800円、中高・大学生 500円、小学生 無料
  [概要] (HPより)
    絶え間ない発展と革新により常に世界の最高峰を極めてきた中国陶磁。
    今展は多種多様な中国陶磁器のなかから明・清時代の作品を中心に、
    その格調高い美しさをご覧いただくものです。
    木々が枯色へと向かうこの季節、展示室で美麗なる中国陶磁に目を楽
    しませ、心はずむひとときをお過ごしいただければ幸いです。
c0153302_16384346.jpg

森アーツセンターギャラリー   「サンシャワー展」
  2017年11月18日(土)~ 2018年4月1日(日)
  休館日:無休
  開館時間:10:00~20:00(火曜日は~17:00)
  一般 1,800円、高校・大学生1,200円、中学生以下600円
  [概要] (HPより)
    本展は、エルリッヒの24年にわたる活動の全容を紹介する、世界でも
    過去最大規模の個展です。1995年から2017年までに制作された作品の
    うち約40点を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通して
    」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験する
    ことになるでしょう。
c0153302_16492938.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「オットー・ネーベル展」
  2017年10月7日(土)-12月17日(日)
  休館日:10/17(火)、11/14(火)
  開館時間:10:00~18:00 (金・土~21:00)
  一般 1,500円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 700円
  [概要] (HPより)
    スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。
    1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスでカン
    ディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育みました。ベ
    ルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、日
    本初の回顧展となる本展では、建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が
    手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガ
    ールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介することで、ネーベルが
    様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に
    迫ります。
c0153302_16555156.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜美術館
  「石内 都 肌理と写真」
  2017年12月9日(土)~2018年3月4日(日)
  休館日:木曜日(ただし、2018年3月1日を除く)
    年末年始(2017年12月28日[木]-2018年1月4日[木])
  開館時間:10:00~18:00 (2018年3月1日(木)は16時まで 
    2018年3月3日(土)は20時30分まで)
  一般 1,500円/高・大学生 900円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)
    多摩美術大学で織りを学んだ石内は、1975年より独学で写真を撮り始め、
    思春期を過ごした街・横須賀や、日本各地の旧赤線跡地などを撮影した粒
    子の粗いモノクローム写真で一躍注目を集めました。近年は、被爆者の遺
    品を被写体とする「ひろしま」やメキシコの画家フリーダ・カーロの遺品
    を撮影したシリーズで、その活動は広く知られています。
    本展は、石内自らが「肌理(きめ)」というキーワードを掲げ、初期から
    未発表作にいたる約240点を展示構成するものです。
c0153302_14013208.gif

そごう美術館
  引き継がれる美意識「池田重子 横浜スタイル展」
  2017年12月13日(水)~2018年1月8日(月・祝)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般1,000円/高・大学生 800円/中学生・小学生無料
  [概要] (HPより)
    
c0153302_14074233.gif

平塚市美術館
  「長谷川さちの彫刻」
  2017年12月2日(土)~2018年4月8日(日)
  休館日:月曜日(1月8日は開館)、1月9日(火)、年末年始(12月29日~1月3日)
  開館時間:9:30~17:00
  無料
  [概要] (HPより)
    長谷川さち(1982年兵庫県生まれ)は、武蔵野美術大学を卒業後、2006年に
    同大学院修了し、在学時代から個展、グループ展に黒御影石、砂岩などの彫刻
    作品を発表してきました。 
    長谷川の彫刻作品は、日本古来から人々が見てきたであろう景色や営み、そし
    て自然現象、畏怖すべき対象などを参照しており、魂の循環や不可視な世界の
    存在を、何千年と存在し続けている石を通して、この現代に交差させ出現させ
    ようとしてきました。
    全国の美術館で初の本格的な個展となる気鋭の作家が、高さ11メートルの展示
    空間と共鳴し、いかに対峙するかご期待ください。
c0153302_14140377.gif

千葉市美術館
  次回「小沢剛 不完全-パラレルな美術史」
  2018年1月6日(金・祝)~ 2月25日(日)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京都国立博物館
  「新春特集展示 いぬづくし─干支を愛でる─」
  2017年12月19日 ~ 2018年1月21日
  休館日:月曜日(ただし、月曜祝日の場合は火曜日)、年末年始(12月25日~1月1日)
  開館時間:520円、大学生260円、高校生・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    社会性が高い犬は、古くから人間に愛されてきました。やはり猟犬としての
    かかわりが古く、『播磨国風土記』には麻奈志漏(まなしろ)という応神天
    皇の猟犬の話が出てきます。
    古くからの犬と人とのかかわりに思いを馳せていただければ幸いです。
c0153302_14470075.jpg
c0153302_17181696.jpg

堺 アルフォンス・ミュシャ館
  企画展「図案のすすめ ミュシャとデザイン」
  2017/11/11(土)~2018/03/11(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日
  開館時間:9:30~17:00 
  一般500円、大学生・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    本展覧会ではミュシャの『装飾資料集』と共に、浅井忠の図案や京都
    高等工芸学校で展開された図案教育をご紹介します。
c0153302_17213948.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ひろしま美術館
  「 ヴラマンク展 ―絵画と言葉で紡ぐ人生―」
  2017年11月3日(金・祝)~ 12月24日(日)
  休館:無休
  開館時間:9:00~17:00(金は~19:00)
  一般1,300円・大高生1,000円・小中学生600円
  [概要] (HPより)
    モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)は、ゴッホを敬愛した
    フォーヴィスム(野獣派)の画家です。
    今回はフォーヴ期を超えて確立された、風景画、静物画に焦点を
    当てます。荒々しく、寒々しい光景でありながらも胸を打つ作品
    群をお楽しみください。
c0153302_17270320.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。

東京美術館アクセスで分類

山手線
  上野付近:東京国立博物館、国立西洋美術館、東京都美術館、
      上野の森美術館、国立科学博物館、江戸東京博物館(両国)
  東京・神田・有楽町駅付近:三井記念美術館、三菱一号館美術館、
      ブリヂストン美術館、出光美術館
  品川:原美術館
  恵比寿・渋谷・目黒駅付近:山種美術館、東京都写真美術館、
      Bunkamuraザ・ミュージアム、、根津美術館(表参道)、
      松岡美術館(白金台)
  新宿駅付近:損保ジャパン日本興亜美術館、佐藤美術館(千駄ヶ谷)
  池袋:講談社野間記念館(バスor護国寺)
山手線内
  竹橋:東京国立近代美術
  六本木付近:国立新美術館、サントリー美術館、
      森アーツセンターギャラリー
東京近郊
  上野毛:五島美術館

by AT_fushigi | 2018-01-14 14:50 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

「平山郁夫 シルクロードコレクション展」@そごう美術館


勤務先の鼻の先にそごうがあり、勤務後にそごう美術館に行ってきました。
「平山郁夫 シルクロードコレクション展 夫妻の視点が織りなす、人類への遺産」
  --- そごう美術館
  --- 2017年10月27日(金)~12月3日(日)
  --- 休館日:無し
  --- 開館時間:10:00~20:00
  --- 一般1,000円/高・大学生 800円/中学生・小学生無料

c0153302_22032443.jpg

c0153302_22035299.jpg


「プルミラ遺跡を行く・朝」と「プルミラ遺跡を行く・夜」を触れるくらいの距離でじっくり見ました。砂のようなざらっとした濃い灰色絵の具がラクダや人物に存在感を与えています。
c0153302_22175737.jpg

c0153302_22183207.jpg



[2017.11.14]

by AT_fushigi | 2017-11-15 22:21 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2017年09月-第二日目-オスロ・国立美術館



国立美術館に向かいます。地下鉄で「Toyen」から「National Theatret」に移動です。

地下鉄のチケットを購入しました。駅の入り口付近に自動販売機があります。Engishを選んで画面通りに入力します。
c0153302_13333719.jpg

まず、「TravelCard」を持っているかどうかみたいな画面です。「I don't have ....」を選びます。これはOslo Passを持ってるかということでしょうか?あまり深く追求していません。後はZoneで迷います。近場なので1Zoneとしたのですが、あとで見るとマシンの左上にZoneが書いてあったのです。RouterのHPにありました(下図)。オスロ市内は一つのZoneのようです。あとは問題なくタッチしていきます。でも、10~20分乗って33クローネ(約470円)は高いです。ちなみに1dayチケットは90クローネなので3回以上乗る人はこれがお得です。
c0153302_13371783.jpg

c0153302_13353872.jpg

入り口の改札機にタッチしないと罰金を取られます。
c0153302_14362027.jpg


さて、「National Theatret」まではどの路線に乗っても大丈夫です。15分もかからず到着しましたが、予想通り行き方が分かりません。事前調査ではGooglemapでは出口とかよくわからずお手上げでした。「地球の歩き方」でもよくわかりません(結果誤解を生む表示となっていました)。下記がGooglemapのコピーですが地下鉄ばかりでなく鉄道の駅にもなっているのですが駅名はあるのですが出口が分かりません。
c0153302_15495198.jpg

料金が高そうなスマホは使いたくなかったのでキョロキョロして場所を特定しなければなりませんでした。出たところは広場でした。まず人の流れに沿っていくと市内電車の停留所があり「Nationaltheatret」と有ったので現在地は分かりました。Googlemapの国立劇場(オスロ)のオの上の停留所です。
c0153302_15531986.jpg

しかし、東西南北が分かりません。ちょうどお昼頃で太陽もほぼ天頂に近かったからです。人の流れに従って渡って見渡したところ特徴のある建物に気が付きました。行って確認すると「NationalTheatret」でした。
c0153302_15561458.jpg

これで位置が分かったので美術館に急ぎます。ムンク美術館といいオスロは観光客に不親切な都市です。
c0153302_16044402.jpg


国立劇場から美術館に向かうために道路を渡るとオスロ大学です。
c0153302_16121706.jpg

人の流れからオスロ大学の右をすり抜ければ近道と推測し進みました。
c0153302_16132695.jpg

正解でした。すぐに王立美術館に出ました。

王立美術館です。
c0153302_16154787.jpg

向かいのビルの影になっていますが、中央の階段を上がると入り口となっています。入るとさらに階段があります。
c0153302_16432462.jpg

上った階にチケット売り場があります。写真はボケていて入場料がはっきりしませんが100クローネ(約1400円)でした。
c0153302_16432320.jpg

c0153302_20491458.jpg

この上階に展示があります。
c0153302_16471589.jpg

フロアマップです。古代からバロック、ロマン派と進み、印象派からムンク、近代(1950年まで)と続きます。また、フロアマップの色のが展示室の色となっています。
c0153302_16432492.jpg


スタートです。
c0153302_16432470.jpg

古代バロックから入ります。
c0153302_16432537.jpg

c0153302_16432500.jpg

c0153302_16432593.jpg

ロマン派。
c0153302_16432504.jpg


有名な印象派のエリアです。
c0153302_23535980.jpg

c0153302_23535989.jpg

c0153302_23535981.jpg

c0153302_23540084.jpg

c0153302_23540001.jpg

c0153302_23535908.jpg

写真撮りまくりとなってしまいました。充実した展示です。
c0153302_21484530.jpg

c0153302_21484589.jpg

c0153302_21484464.jpg

ムンクの絵画エリアです。
c0153302_21434023.jpg

c0153302_21434019.jpg

c0153302_21433933.jpg

ご存知、「叫び」と「マドンナ」。
c0153302_21484460.jpg

c0153302_21484447.jpg

「病める子」「思春期」に感動します。
c0153302_21484484.jpg

c0153302_21484451.jpg

1950年までの近代作家のエリアです。
c0153302_21553977.jpg


大満足で美術館を後にしました。鑑賞時間は2時間でした。
c0153302_21565245.jpg



by AT_fushigi | 2017-11-14 21:57 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2017年09月-第二日目-オスロ・ムンク美術館



地下鉄でムンク美術館に向かいます。予定より20分遅れてしまいました。チケットは自動販売機でクレジットカードを使って購入。Zone1とか自動販売機の表示では分からなかったのですが、近場なのでZone1と決めて購入。チケットにICが埋め込んであるらしくタッチしてプラットフォームへ。
c0153302_01254635.jpg


地下鉄で約10分ほどで美術館の最寄り駅「Toyen」に到着。
どこかに表示があるだろうと甘く見ていました。地下鉄の地上の出口では分かりづらいところにムンクの文字が。「Muchmuseet」。それに従って出口に向かいました。
c0153302_01254696.jpg

そこから出ましたがどっちに行っていいか分かりません。駅構内でも地図は発見できず、出口付近にもありませんでした。ちゃんと調べてくるべきだったと反省しながら通行人に聞きました。ムンクの発音が悪いのか分かってくれたのは3人目の人でした。出口から交通信号のある所まで歩いていたのですが、私の後ろを指さして2つのビルの間に見える白い建物が美術館だと教えてくれました。
c0153302_01254677.jpg

帰国して地図で調べ、Googlemapのストリートビューで見てみました。
c0153302_01254678.jpg

c0153302_01254585.jpg

両側の建物はアパート(マンション)です。なのでここを回避して美術館に向かっている人が多いことが分かりました。近道を教えてもらいました。

ムンク美術館です。
c0153302_01471116.jpg

中に入ると右にチケット売り場、左にショップがあります。入場料は100クローネ(約1400円)でした。(左のカードが地下鉄のチケットです)
c0153302_13124513.jpg

c0153302_01555943.jpg

チケット売り場とショップの間に入り口があり、セキュリティチェックを受けて入ります。中に入って奥に進みます。
c0153302_01471135.jpg

美術館の構内図です。
c0153302_01471183.jpg


入るとすぐに作品が展示されています。美術館はフラッシュを使わなければ撮影可能です。
c0153302_09440307.jpg

左の部屋に入ります。
c0153302_09440319.jpg

入り口に戻り、入り口の右の部屋に。
c0153302_09440348.jpg

c0153302_09440429.jpg

c0153302_09440493.jpg

c0153302_09440431.jpg

次の部屋です。
c0153302_10133411.jpg

c0153302_10133438.jpg

c0153302_10133568.jpg

c0153302_11053267.jpg

最後の部屋です。
c0153302_10133540.jpg

c0153302_10133546.jpg

1時間でゆっくり回ることができます。世界にある4点の「叫び」の内の1点があるはずですがおそらく貸し出しているのでしょう、残念ながら展示されていませんでした。国立美術館でそこの「叫び」を鑑賞することにしましょう。しかし、他の作品が見どころ満載で満足できました。
このような特定作家の美術館ではその変遷や苦悩などが見えてきます。そして、これがムンクだという筋が見えてきます。そしてあの作品群があるのだと認識できます。
ここのカフェはお勧めのようですし、お昼が近かったので迷ったのですが、既に遅れている予定が心配で後ろ髪を引かれる思いで次へ急ぎます。満足して外に出ました。
c0153302_13133275.jpg

c0153302_10170527.jpg


ちなみに、2019年オープンに向け新しいムンク美術館がオスロのウォーターフロントに建築中です。(美術館HPより)
c0153302_10492116.jpg


外は青空です。このまま良い天気が続くといいのですが。
c0153302_10504194.jpg



by AT_fushigi | 2017-11-12 10:52 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

「村上隆の五百羅漢図展」@森美術館


写真のアップだけです

c0153302_21482223.jpg

c0153302_23472755.jpg

c0153302_23472799.jpg

c0153302_23472725.jpg

c0153302_23472775.jpg

c0153302_23472795.jpg

c0153302_23472822.jpg

c0153302_23472845.jpg

c0153302_23472613.jpg

c0153302_23472683.jpg

展覧会の後、屋上から東京の夜景を楽しみました。
c0153302_23472695.jpg


[2016.02.24]

by AT_fushigi | 2017-11-06 23:50 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリアplus)...2017年11月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



------------------------
------   11月 美術鑑賞詳細  ------
------------------------

< 8月  9,10月お休み                  12月へ >

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京国立博物館
  興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」
  2017年9月26日(火) ~11月26日(日)
  休館日:月曜日(ただし10月9日(月・祝)は開館)
  開館時間:9:30~17:00
   (ただし、金曜・土曜および11月2日(木)は21:00まで開館)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本で最も著名な仏師・運慶。卓越した造形力で生きているかの
    ような現実感に富んだ仏像を生み出し、輝かしい彫刻の時代をリ
    ードしました。
    本展は、運慶とゆかりの深い興福寺をはじめ各地から名品を集め
    て、その生涯の事績を通覧します。さらに運慶の父・康慶、実子
    ・湛慶、康弁ら親子3代の作品を揃え、運慶の作風の樹立から次代
    の継承までをたどります。
c0153302_11592991.jpg

国立西洋美術館
  「北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
  2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)
  休館 月曜日(ただし、1月8日(月)は開館)、
    2017年12月28日(木)~2018年1月1日(月)、1月9日(火)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00、ただし11月18日は午後5時30分まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    19世紀後半、日本の美術が、西洋で新しい表現を求める芸術家たち
    を魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでも最
    も注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その
    影響は、モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわ
    たり、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に
    及びました。
    本展は西洋近代芸術の展開を“北斎とジャポニスム”という観点から
    編み直す、日本発・世界初の展覧会です。
c0153302_12073457.jpg

東京都美術館
  「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
  2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
  休館 月曜日、12月31日(日)、1月1日(月・祝)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,600円、大学生1,300円、高校生800円、中学生以下は無料
  [概要] (HPより)
    フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、パリ時代から
    アルル時代前半にかけて、浮世絵や日本に関する文献を集めるな
    ど、日本に高い関心を寄せていました。一方で、ファン・ゴッホ
    の死後、日本の芸術家や知識人が、この画家に憧れ、墓のあるオ
    ーヴェール=シュル=オワーズを巡礼していたことが明らかになり
    ました。本展では、ファン・ゴッホの油彩画やデッサン約40点、
    同時代の画家の作品や浮世絵など約50点に加え、関連資料を通し
    て、ファン・ゴッホと日本の相互関係を探り、その新たな魅力を
    紹介します。
c0153302_12155712.jpg

上野の森美術館
  「怖い絵」展
  2017年10月7日 (土) 〜 12月17日 (日)
  休館:無休  一般1,600円、大学生・高校生1,200円、中小学生600円
  [概要] (HPより)
    ドイツ文学者・中野京子氏が2007年に上梓した『怖い絵』は、
    「恐怖」をキーワードに西洋美術史に登場する様々な名画の場
    面を読み解き、隠されたストーリーを魅力的に伝える本として
    ベストセラーとなり多方面で大きな反響を呼びました。
    同書の第一巻が発行されてから10周年を記念して開催する本展
    は、シリーズで取り上げた作品を筆頭に「恐怖」を主題とする
    を選び出しテーマごとに展示します。
c0153302_10055291.jpg

国立科学博物館
  特別展「古代アンデス文明展」
  2017年10月21日(土)~2018年2月18日(日)
  休館日:毎週月曜日(1/8(月)、2/12(月)は開館)、
    12/28(木)~1/1(月)、1/9(火)
  開館時間:9:00~17:00(金・土、11月1日(水)、
    11月2日(木)は20:00まで)
  一般・大学生 1,600円、小中高校生:600円
  [概要] (HPより)
    本展では、アンデス文明を代表する9つの文化の特徴とともに、
    いまだ残る数々の「謎」や身体加工の風習などの最新の知見を、
    優れた意匠の土器・織物、黄金の仮面やミイラなど約200点の貴
    重な資料で紹介します。
c0153302_10160160.jpg

  「フローラ ヤポニカ-日本人画家が描いた日本の植物-」
  2017年9月12日(火)~12月3日(日)
  休館日:毎週月曜日(9/25(月)は開館)
  開館時間:9:00~17:00(金・土、11月1日(水)、
    11月2日(木)は20:00まで)
  一般・大学生 620円、小中高校生:無料
  [概要] (HPより)
    日本の豊かな植物多様性を日本人画家が描いた植物画で紹介。
    『カーティスのボタニカルマガジン』に掲載されたイラストレ
    ーションの中から幾つかの原画も展示。
c0153302_10235026.jpg

江戸東京博物館
  
  改修工事のため全館休館:2017年10月1日(日)〜2018年3月31日(土)


三井記念美術館
  特別展「驚異の超絶技巧!-明治工芸から現代アートへ-」
  2017年9月16日(土)~12月3日(日)
  休館日:月曜日、10月10日、
    ただし、9月18日と10月9日は開館
  開館時間:10:00〜17:00
  一般1,300円/大学・高校生800円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    2014年に開催し大好評を博した「超絶技巧!明治工芸の粋」展の
    第2弾。今回は七宝、金工、牙彫、木彫、陶磁などの明治工芸と、
    現代アートの超絶技巧がコラボレーション。明治工芸を産み出し
    た工人たちのDNAを受け継ぎつつ、プラスαの機知を加えた現代
    作家の作品に瞠目すること間違いなし!

三菱一号館美術館
  「パリ♥グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
  2017年10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝)
  休館日: 月曜休館(但し、1月8日、10月30日(月)、11月27日(月)、
    12月25日(月)は開館)
    年末年始休館:2017年12月29日~2018年1月1日
  開館時間:10:00~18:00
    (祝日を除く金曜、11月8日、12月13日、1月4日、1月5日は21:00まで)
  一般1,700円、大学生・高校生1,000円、中学500円
  [概要] (HPより)]
    三菱一号館美術館が、アムステルダムのファン・ゴッホ美術館と共催で
    催す本展(既にアムステルダムで開催;2017年3月3日~6月17日)は、
    世紀末のパリのグラフィック芸術(印刷芸術=すなわちポスターや版画)
    に焦点をあてています。
    この時代のグラフィック作品の見事なコレクションを持つゴッホ美術館と、
    トゥールーズ=ロートレックやナビ派の重要な作品を所蔵する三菱一号館
    美術館は、2014年の「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展開催において
    もパリのオルセー美術館とともに共同主催館となりましたが、今回も緊
    密な協力体制を組みました。両館の収集作品の特性を生かしながら、眼の
    肥えた世紀末の愛好家・収集家たちの要請に応えた精緻で高品質の作品と、
    高まる商業的受容の中でパリの街角や劇場、キャバレーなどで輝いたポス
    ターやパンフレットという二つの方向性を明快に提示します。
c0153302_14122510.jpg

ブリヂストン美術館
  
  2015年5月18日から休館。


出光美術館
  「江戸の琳派芸術」
  2017年9月16日(土)〜11月5日(日)
  休館日: 月曜休館(ただし、月曜祝日の場合開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜は21:00まで)
  一般1,000円、大学生・高校生700円、中学以下無料
  [概要] (HPより)]
    この度、江戸時代後期に活躍した絵師・酒井抱一(さかい ほういつ 
    1761 - 1828)と、抱一門きっての俊才・鈴木其一(すずき きいつ 
    1796 - 1858)の絵画に注目した展覧会を開催いたします。
    17世紀の京都に生まれ、華やかに展開した〈琳派〉の美術。19世紀に
    入ると、姫路藩主・酒井雅楽頭(さかい うたのかみ)家の次男坊とし
    て生まれた抱一が江戸の町でこれを再興、さらに其一をはじめとする
    抱一の弟子たちが、いっそうの洗練を加えました。いわゆる
    〈江戸琳派〉の誕生です。
    この展覧会では、王朝的な美意識に支えられた京都の〈琳派〉を受け
    継ぎつつ、江戸という都市の文化の美意識のもと、小気味よい表現世
    界へと転生させた〈江戸琳派〉の特徴とその魅力を紹介いたします。
c0153302_17581766.jpg

  「書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意」
  2017年11月11日(土)〜12月17日(日)


東京国立近代美術館
  次回「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」
  2017年12月1日(金)~2018年3月21日(水・祝)


国立新美術館
  「安藤忠雄展―挑戦―」
  2017年9月27日(水)~12月18日(月)
  休館日:毎週火曜日
  開館時間:10:00~18:00 (金、土曜日は20:00まで)
  一般1,500円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、この稀代の建築家が、いかに生きて、いかに創り、今また
    どこに向かおうとしているのか―その壮大な挑戦の軌跡と未来への展
    望を「原点/住まい」「光」「余白の空間」「場所を読む」「あるも
    のを生かしてないものをつくる」「育てる」という6つのセクション
    に分けて紹介します。
c0153302_15265948.jpg

サントリー美術館
  「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
  2017年11月22日(水)~2018年1月28日(日)
  休館日:火曜日
    1月2日、9日、16日、23日は18時まで開館
    12月30日(土)~1月1日(月・祝)は年末年始のため休館
  開館時間:10:00~18:00 (金・土と11月22日、1月7日~20:00)
    12月29日(金)は18時まで
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展は、「セーヴル陶磁都市」の所蔵する名品・優品によって、およそ
    300年におよぶセーヴル磁器の創造の軌跡をご紹介する日本で初めて
    の展覧会です。
c0153302_15351483.jpg

東京都写真美術館
  「シンクロニシティ」
  2017年9月23日(土・祝)~11月26日(日)
  休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  一般500円、大学生400円、中高生250円
  [概要] (HPより)
    「シンクロニシティ」をキーワードに、私たちの生きている場所、この
    時代とその表現を見ていきます。「シンクロニシティ」とは、同時に起
    こるばらばらな物事が一致したり、共通したりする現象を言います。本
    展は多様な表現傾向をもった平成の作家たちが伝えるそれぞれのリアリ
    ティと、その響き合いに焦点を当てます。
c0153302_15483411.jpg

c0153302_15505320.jpg

  「写真新世紀展 2017」
  2017年10月21日(土)~11月19日(日)
  休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  無料
  [概要] (HPより)
    「写真新世紀」は、1991年の発足以来、国内外で活躍する優秀な写真家を
    多数輩出、新人写真家の登竜門として広く知られています。今年は第40回
    目の公募を実施。応募者1,705人の中から厳正な審査を経て、優秀賞7名、
    佳作11名が選出されました。
    本展では、それら受賞作品をご紹介するほか、昨年のグランプリ受賞者 金
    サジの新作個展も開催します。フレッシュで力強い作品の数々をお楽しみ
    ください。
c0153302_15552221.jpg

山種美術館
  「】川合玉堂―四季・人々・自然―」
  2017年10月28日(土)~12月24日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、初期の《鵜飼(うかい)》(1895年、山種美術館)から、大正期の
    《紅白梅(こうはくばい)》(1919年、玉堂美術館)をはじめとする琳派等さ
    まざまな研究を経て新たな境地を拓いた作品、円熟期の《彩雨(さいう)》
    (1940年、東京国立近代美術館)、晩年の牧歌的な作風を示す《早乙女(さ
    おとめ)》(1945年、山種美術館)や《屋根草を刈る(やねくさをかる)》
    (1954年、東京都)まで、代表作を中心とする名作の数々とともに、
    玉堂の70年にわたる画業をご紹介します。
c0153302_15593202.jpg

損保ジャパン日本興亜美術館
  「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」
  2017年9月16日(土)~11月12日(日)
  休館:月曜日(ただし9月18日、10月9日は開館、翌火曜日も開館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般1,200円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    二科会を中心に活動した洋画家・東郷青児(1897-1978)の生誕120年
    を迎えるにあたり、初公開のプライベートコレクションを含む貴重な作
    品を全国から集めた特別回顧展を開催します。
    見どころは、藤田嗣治と対で制作した丸物百貨店の大装飾画など、これ
    まで紹介される機会の少なかった1930年代の作品です。
c0153302_16053982.jpg

根津美術館
  「鏨の華―光村コレクションの刀装具―」
  2017年11月3日(金・祝)~12月17日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,300円・大学生1,100円・中高生以下無料
  [概要] (HPより)
    刀剣外装のための金具は、江戸時代以降に装飾性が増し、金属とは思え
    ないほどのきらびやかで細密な作品が残されました。光村利藻(みつむ
    ら としも・1877-1955)はそんな刀装具を中心に一大コレクションを
    築き、名著『鏨廼花』(たがねのはな)を刊行した明治時代の実業家です。
c0153302_16101604.jpg

講談社野間記念館
  「川合玉堂と東京画壇の画家たち展」
  2017年10月28日(土)〜12月17日(日)
  休館:月・火曜日(祝日の場合は水曜日)
  開館時間:10:00~17:00(金は~19:00)
  一般500円・学生300円・少学生以下無料
  [概要] (HPより)
    玉堂は、明治末から昭和にかけて文展、帝展など官展で活躍しました。
    玉堂の他にも花鳥画の荒木十畝、美人画の鏑木清方などをはじめとして、
    多くの東京周辺の画家たちが、官展を舞台に研鑽にはげみました。
    そして東京画壇の画家の多くは東京美術学校の卒業生であり、玉堂は大
    正4年(1915)から昭和13年まで同校で学生の指導にあたりました。
    そうした東京画壇の歩みの中でも、特に大きな光彩を放った時期に重な
    るように形成された、野間コレクション。その中から佳作を厳選、近代
    日本画の美の潮流、その煌めきに触れていただきます。
c0153302_16152235.jpg

佐藤美術館
  「~現代作家70名が描く、つくる~吾輩の猫展」
  2017年11月7日(火)~ 12月24日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金~19:00)
    一般600円、大学生400円
  [概要] (HPより)
    本展は、70名のアーティストに猫を主題にした作品を依頼しそれを当館
    にて一堂に展覧します。猫に対する愛情溢れる眼差し、そしてアーティ
    スト各々の個性溢れる表現を通して、アートの楽しさ、生き物、生命の
    尊さを感じて頂けることを願います。
c0153302_16193397.jpg

五島美術館
  「光彩の巧み」
  2017年10月21日[土]―12月3日[日]
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大学生・高校生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    金属に嵌めこまれた貴石やガラス、そして色鮮やかな釉薬を溶着した
    七宝の技法は、半透明の奥深い輝きとともに人々の心を魅了してきま
    した。
    日本・東洋で育まれた七宝かざりの軌跡を、室内調度や茶道具ほか
    約100点の名品でたどります。
c0153302_16272462.jpg

原美術館
  「田原桂一『光合成』with田中泯」
  2017年9月9日[土]- 12月24日[日]
  休館日:月曜日
  開館時間:11:00 - 17:00(水曜は20:00まで)
  [概要] HPより
    1970年代から一貫して《光》の探究を続け、国際的な評価を得た写真家・
    田原桂一は、惜しくも病のため本年6月に他界いたしましたが、亡くなる
    直前まで本展の準備に力を注いでいました。今回展示する写真作品46点は、
    世界的に活躍するダンサー・田中泯との類まれなコラボレーション(1978~
    80年および2016年)の中から選び抜いたもので、展覧会の形では日本初公
    開となります。また、会期中には田中泯のソロダンスパフォーマンスも行います。
c0153302_16321612.jpg

松岡美術館
  「高雅典麗 中国陶磁コレクション」  2017年10月4日(水)~2018年1月21日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
    12月30日(土)~1月4日(木)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般800円、中高・大学生 500円、小学生 無料
  [概要] (HPより)
    絶え間ない発展と革新により常に世界の最高峰を極めてきた中国陶磁。
    今展は多種多様な中国陶磁器のなかから明・清時代の作品を中心に、
    その格調高い美しさをご覧いただくものです。
    木々が枯色へと向かうこの季節、展示室で美麗なる中国陶磁に目を楽
    しませ、心はずむひとときをお過ごしいただければ幸いです。
c0153302_16384346.jpg

森アーツセンターギャラリー   「サンシャワー展」
  2017年11月18日(土)~ 2018年4月1日(日)
  休館日:無休
  開館時間:10:00~20:00(火曜日は~17:00)
  一般 1,800円、高校・大学生1,200円、中学生以下600円
  [概要] (HPより)
    本展は、エルリッヒの24年にわたる活動の全容を紹介する、世界でも
    過去最大規模の個展です。1995年から2017年までに制作された作品の
    うち約40点を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通して
    」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験する
    ことになるでしょう。
c0153302_16492938.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「オットー・ネーベル展」
  2017年10月7日(土)-12月17日(日)
  休館日:10/17(火)、11/14(火)
  開館時間:10:00~18:00 (金・土~21:00)
  一般 1,500円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 700円
  [概要] (HPより)
    スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。
    1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスでカン
    ディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育みました。ベ
    ルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、日
    本初の回顧展となる本展では、建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が
    手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガ
    ールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介することで、ネーベルが
    様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に
    迫ります。
c0153302_16555156.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜美術館
  ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
  2017年8月4日(金)‐ 11月5 日(日)
  休館日:第2・4木曜日(8/10、8/24、9/14、9/28、10/12、10/26)
  開館時間:10:00~18:00 (10/27(金)、10/28(土)、10/29(日)、
    11/2(木)、11/3(金・祝)、11/4(土)は20時30分まで)
  一般 1,500円/高・大学生 900円/中学生・小学生 500円
  [概要] (HPより)
    横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展です。
    タイトルの[島][星座][ガラパゴス]は、接続や孤立、想像力や創
    造力、独自性や多様性などを表すキーワードです。いま、世界はグロー
    バル化が急速に進む一方で、紛争や難民・移民の問題、英国のEU離脱、
    ポピュリズムの台頭などで大きく揺れています。 ヨコハマトリエンナー
    レ2017「島と星座とガラパゴス」では、「接続」と「孤立」をテーマに、
    相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について考えます。
c0153302_18231311.jpg

そごう美術館
  「平山郁夫 シルクロードコレクション展 夫妻の視点が織りなす、人類への遺産」
  2017年10月27日(金)~12月3日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般1,000円/高・大学生 800円/中学生・小学生無料
  [概要] (HPより)
    
c0153302_17015880.jpg

平塚市美術館
  「片岡球子・面構 神奈川県立近代美術館コレクションを中心に」
  2017年9月30日(土) ~11月26日(日)
  休館日:月曜日(ただし10/9(月・祝)は開館、翌火曜休館)
  開館時間:9:30~17:00
  一般 800円、大学・高校生500円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    神奈川県立近代美術館の所蔵する「面構」シリーズを中心に日本画家・
    片岡球子の魅力に迫ります。鮮烈な色彩と大胆な造形感覚により制作さ
    れた作品をお楽しみください。
c0153302_17050658.jpg

千葉市美術館
  「没後70年 北野恒富展」
  2017年11月3日(金・祝)~ 12月17日(日)
  休館日:なし
  開館時間:10:00~18:00(金・土~20:00)
  一般 200円、大学生150円、高校生以下無料
  [概要] (HPより)
    北野恒富(1880–1947)は金沢の生まれ。
    大正3年(1914)再興第1回院展に《願いの糸》を出品、以後は同展を
    主な舞台に、東京の鏑木清方、京都の上村松園と並ぶ、大阪を代表する
    美人画家として活躍を続けました。高い技術と自由な発想をかねそなえ、
    また最初期は妖艶な女性像に挑んで「画壇の悪魔派」と呼ばれ、大正中
    期には《淀君》に代表される内面表現の深化を見せ、昭和に入るとモダ
    ンかつはんなりとした清澄な画風に到達するその多彩さも、他の画家に
    はない、独自の光を放ちます。
    本展は北野恒富の没後70年を記念し、官展や院展で発表された名品に
    加え、門下の作品や関連資料も網羅する久々の大回顧展です。妖艶と
    清楚、聖と俗の交錯する、恒富の魅力に迫ります。
c0153302_17091808.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京都国立博物館
  特別展覧会「国宝」
  2017年10月3日(火)~ 11月26日(日)
  休館日:月曜日(ただし、月曜祝日の場合は火曜日)
  開館時間:9:30~18:00
  一般1,500円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    古より我々日本人は、外来文化を柔軟に取り入れつつ、独自の美意識に
    よって世界にも類を見ない固有の文化を育んできました。歴史的、芸術
    的、学術的に特に優れ、稀少である国宝は、何よりも雄弁に我々の歴史
    や文化を物語る、類い希なる国の宝といえましょう。本展覧会では、絵
    画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から、歴史と美を兼ね備えた国宝
    約200件を大きく4期に分けて展示し、わが国の悠久の歴史と美の精華を
    顕彰いたします。
    Ⅰ= 10月3日(火)~10月15日(日)
    Ⅱ= 10月17日(火)~10月29日(日)
    Ⅲ= 10月31日(火)~11月12日(日)
    Ⅳ= 11月14日(火)~11月26日(日)
c0153302_17155168.png
c0153302_17181696.jpg

堺 アルフォンス・ミュシャ館
  企画展「図案のすすめ ミュシャとデザイン」
  2017/11/11(土)~2018/03/11(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日
  開館時間:9:30~17:00 
  一般500円、大学生・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    本展覧会ではミュシャの『装飾資料集』と共に、浅井忠の図案や京都
    高等工芸学校で展開された図案教育をご紹介します。
c0153302_17213948.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ひろしま美術館
  「 ヴラマンク展 ―絵画と言葉で紡ぐ人生―」
  2017年11月3日(金・祝)~ 12月24日(日)
  休館:無休
  開館時間:9:00~17:00(金は~19:00)
  一般1,300円・大高生1,000円・小中学生600円
  [概要] (HPより)
    モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)は、ゴッホを敬愛した
    フォーヴィスム(野獣派)の画家です。
    今回はフォーヴ期を超えて確立された、風景画、静物画に焦点を
    当てます。荒々しく、寒々しい光景でありながらも胸を打つ作品
    群をお楽しみください。
c0153302_17270320.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。

東京美術館アクセスで分類

山手線
  上野付近:東京国立博物館、国立西洋美術館、東京都美術館、
      上野の森美術館、国立科学博物館、江戸東京博物館(両国)
  東京・神田・有楽町駅付近:三井記念美術館、三菱一号館美術館、
      ブリヂストン美術館、出光美術館
  品川:原美術館
  恵比寿・渋谷・目黒駅付近:山種美術館、東京都写真美術館、
      Bunkamuraザ・ミュージアム、、根津美術館(表参道)、
      松岡美術館(白金台)
  新宿駅付近:損保ジャパン日本興亜美術館、佐藤美術館(千駄ヶ谷)
  池袋:講談社野間記念館(バスor護国寺)
山手線内
  竹橋:東京国立近代美術
  六本木付近:国立新美術館、サントリー美術館、
      森アーツセンターギャラリー
東京近郊
  上野毛:五島美術館

by AT_fushigi | 2017-11-05 17:34 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

「村上華岳―京都画壇の画家たち」@山種美術館


写真のアップだけです

c0153302_22355055.jpg

c0153302_22355845.jpg



[2015.11.25]

by AT_fushigi | 2017-11-03 22:36 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)