タグ:美術鑑賞・博物館 ( 130 ) タグの人気記事

十に一つでも行けたなら(東京エリア+美術展)...2015年06月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



------------------------
------  06月 美術鑑賞詳細 ------
------------------------

< 05月へ                         07月へ >


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京国立博物館
  特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
  2015年4月28日(火) ~ 2015年6月7日(日)
  「鳥獣戯画」については全4巻の前半部分が前期、
  後半部分が後期に展示されます。
  前期=4月28日(火)~5月17日(日)
  後期=5月19日(火)~6月7日(日)
  休館日:月曜
  (ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで、休日は18:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本で最も有名な絵巻、国宝・鳥獣戯画。墨線のみで動物や人物たちを
    躍動的に描いた、日本絵画史上屈指の作品です。全巻の修理を終え、
    その魅力を一新した鳥獣戯画の全貌を紹介します。
c0153302_13092813.jpg

  次は「クレオパトラとエジプトの王妃展」2015年7月11日(土) ~ 2015年9月23日(水・祝)

国立西洋美術館
  [企画展示室] ボルドー展 ―美と陶酔の都へ―
  2015年6月23日(火)~9月23日(水・祝)
  休館 月曜日
  (ただし、7月20日、8月10日、9月21日は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    古代ローマ以来の伝統を誇るワインの生産と海洋貿易がもたらした富を
    背景に、洗練された独自の都市文化を育んできたフランス南西の港町ボ
    ルドー。本展は、先史時代から現代まで、ボルドーの悠久の歴史と美術
    を展観するものです。
c0153302_22351095.jpg

東京都美術館
  大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史
  2015年4月18日(土) ~ 6月28日(日) 
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    ロンドンにある大英博物館は、人類の文化遺産の殿堂として世界中のあらゆる地域と
    時代を網羅したコレクションを誇ります。
    700万点を超える収蔵品から選び出した100作品を通じて、200万年前から現代に至る
    人類の創造の歴史を読み解こうとする試みです。
c0153302_13172084.jpg

上野の森美術館
  第6回東山魁夷記念 日経日本画大賞展
  5月28日 (木) 〜 6月7日 (日)
  第62回新美術協会展
  6月13日 (土) 〜 6月19日 (金)
  生誕100年國井誠海作品展
  6月13日 (土) 〜 6月19日 (金)
  パン・ジウン展
  6月21日 (日) 〜 7月1日 (水)

国立科学博物館
  「特別展 大アマゾン展」
  2015年3月14日(土)~6月14日(日)

江戸東京博物館
  2015年NHK大河ドラマ特別展「花燃ゆ」
  2015年06月04日(木)〜07月20日(月)
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、07月20日(月)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,350円、大学生 1,080円、高校生:680円
  [概要] (HPより)
    この展覧会は、文を主人公とするNHK大河ドラマ「花燃ゆ」と
    連動して開催する展覧会です。文や吉田松陰ゆかりの品々を一
    堂に集め、また、同時代の貴重な歴史資料を紹介することで、
    文とともに幕末維新期を生きた長州藩の人たちの人物像と彼ら
    が生きた時代を浮き彫りにします。

東京国立近代美術館
  No Museum, No Life?―これからの美術館事典
    国立美術館コレクションによる展覧会

  2015年6月16日(火)~9月13日(日)
  休館日: 月曜日(7月20日は開館)、7月21日(火)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,000円、大学生1080円、高校生・中学生680円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    独立行政法人国立美術館は、東京国立近代美術館、京都国立近
    代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館の
    5館で構成されています。2001年4月に発足し、今年で15年目
    を迎えました。これら5館が協力して行うこのたびの展覧会は、
    「美術館」そのものをテーマとしています。美術館の構造や機
    能から着想を得たAからZまでの36個のキーワードに基づいて
    展覧会を構成し、これらのキーワードに沿いながら、紀元前か
    ら現代、西洋から東洋という幅広い国立美術館のコレクション
    の中から約170点の作品を厳選して紹介します。
c0153302_23415862.jpg

国立新美術館
  「マグリット展 」
  2015年3月25日(水)~6月29日(月)
  休館日:火曜日
  開館時間:10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    ルネ・マグリット(1898-1967)は、ベルギーの国民的画家であり、
    20世紀美術を代表する芸術家です。シュルレアリスムの巨匠として知
    られていますが、枠にとどまらず、独自の芸術世界を作り上げました。
    言葉やイメージ、時間や重力といった、私たちの思考や行動を規定す
    る“枠”を飛び超えてみせる独特の芸術世界は、その後のアートやデザ
    インにも大きな影響を与えました。ベルギー王立美術館、マグリット
    財団の全面的な協力を得て、世界10か国以上から代表作約130作品が
    集まる本展に、どうぞご期待ください。
c0153302_23480227.jpg


サントリー美術館
  「着想のマエストロ 乾山見参! 」
  2015年5月27日(水)~7月20日(月・祝)
  休館日:火曜日
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    陶工・尾形乾山(おがたけんざん・1663~1743)は、絵師・尾形
    光琳の弟として京都の裕福な呉服商「雁金屋」に生まれ、その高い
    芸術的教養によって、絵画や文学に基づく新しい造形を陶磁の世界
    に持ち込みました。本展では、受け継がれてきた乾山の美の系譜を
    数々の作例を通してご紹介します。

東京都写真美術館
  大規模修繕中。オープンは2016年

山種美術館
  「松園と華麗なる女性画家たち」
  2015年4月18日(土)~6月21日(日)
  休館:月曜日
  (但し、5/4は開館、5/7は休館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、《新蛍》、《砧》、《牡丹雪》など当館所蔵の松園作品全18点を
    一挙公開いたします。加えて、女性初の帝室技芸員でもあった南画家・野口
    小蘋晩年の代表作《箱根真景図》(山種美術館)をはじめ、小倉遊亀、片岡
    球子、北沢映月らの日本画をご紹介いたします。
c0153302_14044848.png

損保ジャパン日本興亜美術館
  「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」
  2015年4月18日(土)~6月28日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日は開館)
  開館時間:10:00~18:00(金~20:00)
  一般1,200円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    パリの風景を詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ
    (1883年~1955年)と、ユトリロの母で画家のスュザンヌ・
    ヴァラドン(1865年~1938年)の展覧会です。
    油彩を中心に、日本初公開作品ならびに個人所蔵作品
    を含むユトリロの作品約40点とヴァラドンの作品約40点を展示

c0153302_14100686.jpg
根津美術館
  「江戸のダンディズム 刀から印籠まで」
  2015年5月30日(土)〜7月20日(月・祝)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生1,000円・中学生以下無料

講談社野間記念館
  「横近代日本の洋画展」
  2015年5月23日(土)~7月20(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    文明開化・欧化主義のもと、明治以降、近代日本の美術界にも
    「洋画」というジャンルが形成されました。西洋の文化や思想、
    そして、油彩、水彩などの技法との出会いから、日本近代洋画
    の礎を築きあげていった日本の洋画壇。
    今回の展示では、共に第一回の文化勲章を受章した岡田三郎助と
    藤島武二をはじめとする近代洋画壇の作家たちの作品をお楽しみ
    いただきます。

佐藤美術館
  「藤井聡子 日本画展」
  2015年5/12(火)~6/21(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~19:00)
  一般 600円、大高生 400円、中小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    院展を中心に活動している藤井聡子の美術館での初個展。叙情的な
    自然風景、人々の営みの一瞬を等身大の眼差しで捕えた表現など
    大作を中心に展覧します。日本画の確かな技法に裏打ちされた作家
    の静謐な世界観を是非ご堪能下さい。
c0153302_13255844.jpg
c0153302_13261878.jpg

ブリヂストン美術館
  2015年5月18日から休館。

三菱一号館美術館
  「画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」
  2015年6月27日(土)~9月6日(日)
    前期:8月2日(日)まで/後期:8月4日(火)から
  休館日:月曜日 (ただし、祝日は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、金~20:00)
  一般1,500円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 500円
  [概要] (HPより)
    河鍋暁斎 (かわなべ きょうさい、1831-1889)は、幕末に生まれ、
    6歳で浮世絵師歌川国芳に入門、9歳で狩野="" 派に転じてその正統的な修
    業を終え、幕末明治に「画鬼」と称され、絶大な人気を博した絵師です。
    河鍋暁斎>

五島美術館
  「近代の日本画展」
  2015年5月16日[土]―6月21日[日]
  休館日:月曜日 (ただし、祝日は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円/高・大学生 700円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    館蔵の近代日本画コレクションから「風景表現」を中心に明治から
    昭和にかけての近代日本を代表する画家の作品40点を選び展観します。
    館蔵の近代日本画コレクションから「風景表現」を中心に明治から
    昭和にかけての近代日本を代表する画家の作品40点を選び展観します。

松岡美術館
  「創立40周年記念 特別企画「わたしの好きなシロカネ・アート。
           あなたが選ぶ、松岡コレクション」

  2015年4月7日(火)~6月28日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    1975(昭和50)年、東京・新橋にて産声を上げた松岡美術館は、
    おかげさまで2015年創立40周年を迎えます。これもひとえに多く
    のお客様のご支援の賜物と、感謝しております。
    そこで、この一年は約1800点の松岡コレクションの中から、お客
    様のリクエストの多かった作品を選出し、ご紹介する「わたしの好
    きなシロカネ・アート」展を開催してまいります。
c0153302_14234744.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
  2015年3月21日(土・祝)-6月28日(日)
  休館日:4/13(月)、4/20(月)のみ休館
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンス
    の原動力となった銀行・金融業と、近代のメセナ活動の誕生を、
    ボッティチェリの名品の数々を中心に、ルネサンス期を代表する芸
    術家たちによる絵画・彫刻・版画や、時代背景を物語る書籍・資料
    など約80点によって、浮き彫りにします。
c0153302_01004107.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そごう美術館
  「那波多目 功一展 清雅なる画境」
  2015年5月23日(土)~6月21日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般 1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
c0153302_00122843.jpg

千葉市美術館
  開館20周年記念記念展「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画」
  2015年5月19日(火)~ 6月28日(日)
  休館日:6月1日(月)
  開館時間:10:00~18:00(金・土~20:00)
  一般 1,200円、大学生700円、高校生以下無料
  [概要] (HPより)
    経営学の泰斗にして、「マネジメントの父」とも呼ばれる、
    ピーター・F・ドラッカー(1909~2005)。
    そのドラッカーが、若き日から日本の古美術に深い愛情を寄せ、
    初来日の1959年からは、熱心に作品の蒐集もしていたことをご
    存知でしょうか。それはマネジメントに関するコンセプトのほと
    んどを生み出すという功績を築きあげた時期に重なります。自身
    により「山荘コレクション」と名付けられたそのコレクションは、
    稀少な室町時代の水墨画を主とする点、大変珍しく個性的なもの
    ですが、さらに、桃山時代の武人画家海北友松や、江戸時代の池
    大雅や浦上玉堂などの文人画、白隠などの禅画、伊藤若冲や琳派
    の作品も含まれています。
    本展は、知られざる存在となりつつあった本コレクションを改め
    て調査し構成した、初公開作品を含む111点の里帰りとなるものです。
c0153302_12441317.jpg
c0153302_12442252.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京都国立博物館
  次回特別展「琳派誕生400年記念 琳派─京(みやこ)を彩る─」
  2015年10月10日 ~ 2015年11月23日

大阪市立美術館
  特別展「肉筆浮世絵-美の競艶 ~浮世絵師が描いた江戸美人100選~」
  2015年4月14日(火)~6月21日(日)
  休館日:月曜
  (ただし、5/4は開館、5/7は休館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで)
  一般1,500円、高大生1,200円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展は、アメリカ・シカゴの実業家ロジャー・ウェストン氏に    菱川師宣、西川祐信、宮川長春、勝川春章、歌川豊国、葛飾北斎、
    祇園井特、河鍋暁斎ら、多彩な絵師たちによる一点物の貴重な
    肉筆浮世絵をお楽しみください。
    なお、ウェストンコレクションは日本初公開になります。
c0153302_00565126.jpg
c0153302_00570183.jpg



堺 アルフォンス・ミュシャ館
  「ミュシャの花冠―芸術と民族への想い―」
  2015/04/07(火)~2015/07/05(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)
      休日の翌日(翌日が土・日曜日、休日の場合は開館)
  開館時間:9:30~19:00
  一般500円、大・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    ミュシャは芸術に対して、また国や民族に対して確固たる
    自身の考えを持ち、作品制作に取り組んでいました。ミュシャ
    の芸術という花は誰のために、どのようにして生まれ、何を
    伝えようとしたのでしょうか。
    本展覧会では、ミュシャの芸術に対する考え方とともに関連
    する作品を紹介いたします。
c0153302_00303517.jpg
c0153302_00304829.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ひろしま美術館
  毛利博物館所蔵「毛利家の国宝・至宝展」
  2015年4月25日(土)~ 2015年5月31日(日)
  休館日:無休
  開館時間:9:30~17:00
  一般1,300円、大学生1,000円、高校生600円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    山口県防府市にあり、毛利家伝来の宝物を所蔵する毛利博物館との
    共催により、国宝である雪舟「四季山水図」(通称:山水長巻)な
    どの日本伝統絵画と、大名家に伝わる婚礼道具や雛飾りなど、当時
    の風俗の中にある美の世界を紹介する特別展。
c0153302_12475026.jpg



正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。

by AT_fushigi | 2015-05-12 00:19 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(2)

「ベスト・オブ・ザ・ベスト」@ブリヂストン美術館


ブリヂストン美術館が休館すると言うことでその前の所蔵展「ベスト・オブ・ザ・ベスト」に行ってきました。
c0153302_14134738.gif
c0153302_01465871.jpg


■ 展覧会
-- 2015年1月31日(土)〜5月17日(日)
-- 休館:月曜日(月曜日祝日開館、翌日閉館)
-- 開館時間:10:00~18:00
-- 一般 800円、大学・高校生 500円、中学生以下無料
-- [概要] (HPより)
   2015年5月18日より、ブリヂストン美術館は休館して新築工事に
   入ります。数年後には新たに生まれ変わった姿をお見せすること
   になりますが、このたびの展示は、休館前最後のものとなります。
   創設者・石橋正二郎の収集から出発する石橋財団コレクションは、
   現在約2,500点を数えます。本展では、そのうちのベストセレク
   ション、合計約160点をご紹介いたします。当館のコレクション
   を特徴づけるのは、19世紀以降のフランスを中心とした西洋近現
   代美術が、系統だってそろえられていることでしょう。印象派、
   ポスト印象派から20世紀のフォーヴィスム、キュビスム、抽象絵画へ。

ブリヂストン美術館は東京駅八重洲中央口から駅前がら向こうに伸びる広い通りを5分ほど歩いた所にあります。
5月4日に天皇皇后両陛下が訪れられたというニュースがあり混雑を予想して出かけました。実際着くと待ち行列ができていました。警備員の方が15-20分の待ちですと言ってた通り15分ほどで入場できました。
c0153302_14445481.jpg
c0153302_14450698.jpg


■ 鑑賞
比較的小さな展示会場は2Fです。順路に従い進みます。まず、「ブリヂストン美術館の歩み」、63年間の足跡です。彫刻展示があり印象派絵画の展示室に入ります。
テーマと印象に残った作品です。海外の画家、日本の画家の順に。

「印象派の誕生」
ブーダン「トルーヴィルの近郊の浜」。モネの先生です。
c0153302_22461413.jpg

マネは生涯2枚しか描かなかった内の1枚の自画像。価値ある1枚。
c0153302_00285018.jpg

シスレー「サン=マメス六月の朝」
c0153302_02135869.jpg

モネ「黄昏、ヴェネツィア」
c0153302_00325542.jpg


「印象派と象徴派」
モロー「化粧」。これは秀作。
c0153302_00343904.jpg

ルノアール「少女」。この青い目は印象的で見入ってしまいます。
c0153302_00361093.jpg

ルノアール「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」
c0153302_00373151.jpg

ロートレック「サーカスの舞台裏」
c0153302_00385487.jpg


「セザンヌとピカソ」
セザンヌ「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」。これを見るだけでも価値ある展覧会です。自画像も良いです。
c0153302_01520154.jpg

ピカソ「腕を組んですわるサルタンバンク」。後期の作品です。「生木と枯れ木のある風景」も良かったです。
c0153302_01562922.jpg


「マティスと20世紀美術1」
このテーマはやはりこの絵です。マティス「青い胴着の女」。
c0153302_01580650.jpg


「20世紀美術2」
段々収集品の幅が薄くなってきます。ここはモディリアーニ「若い農夫」かな。
c0153302_02002404.jpg


「戦後美術」
ザオ・ウーキー「07.06.85」。本当に引きつけられる絵です。
c0153302_02015796.jpg

菅井汲「赤い鬼」。好きだな、これ。
c0153302_02050252.jpg


「日本の洋画」
藤島武二「天平の面影」。久留米の石橋美術館から。
c0153302_00420679.jpg

藤島武二「黒扇」。画家が死ぬまで手元に置いていた作品です。
c0153302_00431458.jpg

青木繁「海の幸」。久留米からの出展です。思ったより小さいです。横幅2m位でしょうか。
c0153302_00452806.jpg

佐伯祐三「テラスの広告」。佐伯祐三、大好きです。
c0153302_00483852.jpg

藤田嗣治「ドルドーニュの家」。この白はFUJITAでしょう。
c0153302_00494978.jpg

関根正二「子供」。一番強烈な印象だった絵です。
c0153302_00554446.jpg


所蔵展ですが(石橋美術館も含む)印象派以降の秀逸な西洋絵画、日本洋画を多く見ることができました。新しい美術館はどういう計画なのでしょう。数年後と言うことでしたが楽しみにしています。
絵画は他の美術館で特別展等で見ることになるでしょう。こちらも楽しみです。


[2015.05.09]

by AT_fushigi | 2015-05-11 02:12 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリア+美術展)...2015年05月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺を中心に紹介していますが、全国の美術館に広げようと少しずつ増やしています。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。



------------------------
------  05月 美術鑑賞詳細 ------
------------------------

< 04月へ                         06月へ >


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京 [関東関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京国立博物館
  特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
  2015年4月28日(火) ~ 2015年6月7日(日)
  「鳥獣戯画」については全4巻の前半部分が前期、
  後半部分が後期に展示されます。
  前期=4月28日(火)~5月17日(日)
  後期=5月19日(火)~6月7日(日)
  休館日:月曜
  (ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで、休日は18:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本で最も有名な絵巻、国宝・鳥獣戯画。墨線のみで動物や人物たちを
    躍動的に描いた、日本絵画史上屈指の作品です。全巻の修理を終え、
    その魅力を一新した鳥獣戯画の全貌を紹介します。
c0153302_13092813.jpg


国立西洋美術館
  [企画展示室] グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家
  2015年3月3日(火)~5月31日(日)
  休館 月曜日
  (ただし、3月30日、5月4日、5月18日は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,500円、大学生1,300円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    グエルチーノ(1591-1666年)はイタリア・バロック美術を代表する
    画家として知られます。
    今回はこの知られざる画家の全貌を、約40点の油彩画によってお見せします。
    わが国初のグエルチーノ展です。
c0153302_00545875.gif

東京都美術館
  大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史
  2015年4月18日(土) ~ 6月28日(日) 
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    ロンドンにある大英博物館は、人類の文化遺産の殿堂として世界中のあらゆる地域と
    時代を網羅したコレクションを誇ります。
    700万点を超える収蔵品から選び出した100作品を通じて、200万年前から現代に至る
    人類の創造の歴史を読み解こうとする試みです。
c0153302_13172084.jpg

上野の森美術館
  第33回上野の森美術館大賞展
  第32回大賞展入賞者展
  4月29日 (水) 〜 5月10日 (日)
  太田雪村 日堂、金泰伸彩黒世界展
  5月11日 (月) 〜 5月16日 (土)
  第50回北城書社展
  5月12日 (火) 〜 5月16日 (土)
  創立100周年記念「未来へつなぐ 展」
  5月17日 (日) 〜 5月24日 (日)
  NEW WORKS HIROKO TSUDA
  5月26日 (火) 〜 6月1日 (月)
  第6回東山魁夷記念 日経日本画大賞展
  5月28日 (木) 〜 6月7日 (日)

国立科学博物館
  「特別展 大アマゾン展」
  2015年3月14日(土)~6月14日(日)

江戸東京博物館
  「大 関ヶ原展」
  2015年3月28日(土)~2015年5月17日(日)
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    慶長5年(1600年)の天下分け目の関ヶ原合戦を制したのは、東軍を率いた
    徳川家康でした。
    2015年は、元和2年(1616年)に亡くなった家康の没後400年目にあたります。
    この節目の年に、誰もが知っている関ヶ原合戦の全貌を明らかにする展覧会を
    開催いたします。
c0153302_13365700.jpg

東京国立近代美術館
  「生誕110年 片岡球子展」
  2015年4月7日(火)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日(ただし5 月4 日は開館))
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,400円、大学生900円、高校生・中学生400円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    日本画家・片岡球子(1905-2008)は鮮烈な色彩、大胆にデフォルメ
    された形、力強い筆使いの画風で知られています。これらは、球子独自
    のものとして戦後の日本美術院において他の画家の追随を許しませんでした。
    本展では、代表作によって球子の画業をたどるとともに、遺されたスケッチ、
    資料類もあわせて展示します。
c0153302_22443351.jpg

  所蔵作品展「MOMAT コレクション」
  2015年3月7日(土)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日(ただし5 月4 日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,350円、大学生1080円、高校生・中学生680円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    桜の舞う春を代表する作品として、重要文化財の川合玉堂の 
    《行く春》をで展示します。

国立新美術館
  「ルーヴル美術館展 」日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
  2015年2月21日(土)~6月1日(月)
  休館日:火曜日
  (ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点
    を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開
    をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ
    絵画の真髄」を開催いたします。
    本展には、17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天
    文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベ
    ンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、
    ドラクロワ、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が
    一堂に会します。
c0153302_09315940.jpg

フェルメールの《天文学者》
c0153302_09321157.jpg
ティツィアーノ《鏡の前の女》


サントリー美術館
  「同い年の天才絵師 若冲と蕪村 」
  2015年3月18日(水)~5月10日(日)
  休館日:火曜日(5月5日(火・祝)は20時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展覧会は、伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を記念して開催する
    もので、若冲と蕪村の代表作品はもちろん、新出作品を紹介するとと
    もに、同時代の関連作品を加えて展示し、人物、山水、花鳥などの共
    通するモチーフによって対比させながら、彼らが生きた18世紀の京
    都の活気あふれる様相の最も輝かしい一断面をご覧いただきます。
c0153302_09562732.jpg


  「着想のマエストロ 乾山見参! 」
  2015年5月27日(水)~7月20日(月・祝)
  休館日:火曜日
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    陶工・尾形乾山(おがたけんざん・1663~1743)は、絵師・尾形光琳の弟と
    して京都の裕福な呉服商「雁金屋」に生まれ、その高い芸術的教養によって、
    絵画や文学に基づく新しい造形を陶磁の世界に持ち込みました。
    本展では、受け継がれてきた乾山の美の系譜を数々の作例を通してご紹介します。

東京都写真美術館
  大規模修繕中。オープンは2016年

山種美術館
  「松園と華麗なる女性画家たち」
  2015年4月18日(土)~6月21日(日)
  休館:月曜日
  (但し、5/4は開館、5/7は休館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、《新蛍》、《砧》、《牡丹雪》など当館所蔵の松園作品全18点を
    一挙公開いたします。加えて、女性初の帝室技芸員でもあった南画家・野口
    小蘋晩年の代表作《箱根真景図》(山種美術館)をはじめ、小倉遊亀、片岡
    球子、北沢映月らの日本画をご紹介いたします。
c0153302_14044848.png

損保ジャパン日本興亜美術館
  「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」
  2015年4月18日(土)~6月28日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日は開館)
  開館時間:10:00~18:00(金~20:00)
  一般1,200円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    パリの風景を詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ
    (1883年~1955年)と、ユトリロの母で画家のスュザンヌ・
    ヴァラドン(1865年~1938年)の展覧会です。
    油彩を中心に、日本初公開作品ならびに個人所蔵作品
    を含むユトリロの作品約40点とヴァラドンの作品約40点を展示

c0153302_14100686.jpg
根津美術館
  「燕子花と紅白梅」
  2015年4月18日(土)~5月17日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生1,000円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年は、享保元年(1716)に59歳で没した尾形光琳の300年忌に
    あたります。それを記念して、当館が所蔵する「燕子花図屏風」と
    MOA美術館が所蔵する「紅白梅図屏風」、光琳が描いた2点の国宝の
    屏風を中心とする特別展を開催します。
c0153302_14135621.jpg


講談社野間記念館
  「横山大観と近代日本画の巨匠たち展」
  2015年3月7日(土)~5月17(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  (5月6日、7日は休館)  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    大観、栖鳳、玉堂~近代日本画の巨匠たち
    その生涯をかけて新しい日本画の創造を担ってきた近代日本画の
    巨星、横山大観。京都画壇の大立者として四条派に諸派や洋画の
    研鑽までも加えて独自の画風を確立した、竹内栖鳳。そして奇し
    くも栖鳳の師である幸野楳嶺、大観の師である橋本雅邦の両名に
    師事し、自然と人の営みを漂う詩情のもと描いた川合玉堂。この
    三人は、近代の日本画壇において、まぎれもなく重要な役割を果
    たした巨匠と呼べるでしょう。

  「横近代日本の洋画展」
  2015年5月23日(土)~7月20(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    文明開化・欧化主義のもと、明治以降、近代日本の美術界にも
    「洋画」というジャンルが形成されました。西洋の文化や思想、
    そして、油彩、水彩などの技法との出会いから、日本近代洋画
    の礎を築きあげていった日本の洋画壇。
    今回の展示では、共に第一回の文化勲章を受章した岡田三郎助と
    藤島武二をはじめとする近代洋画壇の作家たちの作品をお楽しみ
    いただきます。

佐藤美術館
  「藤井聡子 日本画展」
  2015年5/12(火)~6/21(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~19:00)
  一般 600円、大高生 400円、中小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    院展を中心に活動している藤井聡子の美術館での初個展。叙情的な
    自然風景、人々の営みの一瞬を等身大の眼差しで捕えた表現など
    大作を中心に展覧します。日本画の確かな技法に裏打ちされた作家
    の静謐な世界観を是非ご堪能下さい。
c0153302_13255844.jpg
c0153302_13261878.jpg

ブリヂストン美術館
  「ベスト・オブ・ザ・ベスト」
  2015年1月31日(土)〜5月17日(日)
  休館:月曜日(月曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般 800円、大学・高校生 500円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年5月18日より、ブリヂストン美術館は休館して新築工事に
    入ります。数年後には新たに生まれ変わった姿をお見せすること
    になりますが、このたびの展示は、休館前最後のものとなります。
    創設者・石橋正二郎の収集から出発する石橋財団コレクションは、
    現在約2,500点を数えます。本展では、そのうちのベストセレク
    ション、合計約160点をご紹介いたします。当館のコレクション
    を特徴づけるのは、19世紀以降のフランスを中心とした西洋近現
    代美術が、系統だってそろえられていることでしょう。印象派、
    ポスト印象派から20世紀のフォーヴィスム、キュビスム、抽象絵画へ。
c0153302_15340939.jpg


三菱一号館美術館
  「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」
  2015年2月7日(土)~5月24日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、4月6日、5月18日は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、金~20:00)
  一般1,600円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)    西洋美術を集めた国立美術館です。本展では、そのNGAの中で最も
    人気があるフランス印象派とポスト印象派のコレクションを展示します。
    ワシントン・ナショナル・ギャラリー(nga)は、アメリカ唯一の
c0153302_16054713.jpg


五島美術館
  2012年秋まで休館


松岡美術館
  「創立40周年記念 特別企画「わたしの好きなシロカネ・アート。
           あなたが選ぶ、松岡コレクション」

  2015年4月7日(火)~6月28日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    1975(昭和50)年、東京・新橋にて産声を上げた松岡美術館は、
    おかげさまで2015年創立40周年を迎えます。これもひとえに多く
    のお客様のご支援の賜物と、感謝しております。
    そこで、この一年は約1800点の松岡コレクションの中から、お客
    様のリクエストの多かった作品を選出し、ご紹介する「わたしの好
    きなシロカネ・アート」展を開催してまいります。
c0153302_14234744.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
  2015年3月21日(土・祝)-6月28日(日)
  休館日:4/13(月)、4/20(月)のみ休館
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンス
    の原動力となった銀行・金融業と、近代のメセナ活動の誕生を、
    ボッティチェリの名品の数々を中心に、ルネサンス期を代表する芸
    術家たちによる絵画・彫刻・版画や、時代背景を物語る書籍・資料
    など約80点によって、浮き彫りにします。
c0153302_01004107.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関東 [東京関西その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜美術館
  「石田尚志 渦まく光」
  2015年 3月28日(土)~5月31日(日)
  休館日:木曜日
  開館時間:10:00~18:00  
  一般 1,500円、大学・高校生900円、中学生600円、小学生以下無料

そごう美術館
  「イメージの魔術師」と呼ばれた絵本作家エロール・ル・カインの魔術展
  2015年4月25日(土)~5月17日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般 1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関西 [東京関東その他]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京都国立博物館
  特別展「桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち」
  2015年4月7日(火)~5月17日(日)
  休館日:月曜
  (ただし5月4日(月・祝)は開館)
  開館時間:9:30~18:00 (金は20:00まで)
  一般1,500円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展覧会は、狩野派史上最大のピンチにおちいった慶長年間前後に
    着目し、永徳没後、「豪壮」から「華麗」へ、さらに新たな為政者・
    徳川家に対応すべく、「瀟洒淡麗」へと画風を変えていく一大転換
    の過程を、永徳の後継者たちの作品を一堂にして辿るものです。
    また、この「桃山後期」に焦点をあてた狩野派の展覧会としては、
    過去最大規模となる、国宝1件、重要文化財23件、重要美術品1件、
    初公開作品4件を含む70件を出品し、百花繚乱のごとくその才能を
    花開かせた狩野派絵師たちの競演と戦いの歴史をご紹介します。
c0153302_12050927.png

大阪市立美術館
  特別展「肉筆浮世絵-美の競艶 ~浮世絵師が描いた江戸美人100選~」
  2015年4月14日(火)~6月21日(日)
  休館日:月曜
  (ただし、5/4は開館、5/7は休館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで)
  一般1,500円、高大生1,200円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展は、アメリカ・シカゴの実業家ロジャー・ウェストン氏に
    より収集された肉筆浮世絵を紹介する里帰り展です。
    菱川師宣、西川祐信、宮川長春、勝川春章、歌川豊国、葛飾北斎、
    祇園井特、河鍋暁斎ら、多彩な絵師たちによる一点物の貴重な
    肉筆浮世絵をお楽しみください。
    なお、ウェストンコレクションは日本初公開になります。
c0153302_00565126.jpg
c0153302_00570183.jpg



堺 アルフォンス・ミュシャ館
  「ミュシャの花冠―芸術と民族への想い―」
  2015/04/07(火)~2015/07/05(日)
  休館日:月曜日(休日の場合は開館)
      休日の翌日(翌日が土・日曜日、休日の場合は開館)
  開館時間:9:30~19:00
  一般500円、大・高校生300円、中・小学生100円
  [概要] (HPより)
    ミュシャは芸術に対して、また国や民族に対して確固たる
    自身の考えを持ち、作品制作に取り組んでいました。ミュシャ
    の芸術という花は誰のために、どのようにして生まれ、何を
    伝えようとしたのでしょうか。
    本展覧会では、ミュシャの芸術に対する考え方とともに関連
    する作品を紹介いたします。
c0153302_00303517.jpg
c0153302_00304829.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他 [東京関東関西]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ひろしま美術館
  毛利博物館所蔵「毛利家の国宝・至宝展」
  2015年4月25日(土)~ 2015年5月31日(日)
  休館日:無休
  開館時間:9:30~17:00
  一般1,300円、大学生1,000円、高校生600円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    山口県防府市にあり、毛利家伝来の宝物を所蔵する毛利博物館との
    共催により、国宝である雪舟「四季山水図」(通称:山水長巻)な
    どの日本伝統絵画と、大名家に伝わる婚礼道具や雛飾りなど、当時
    の風俗の中にある美の世界を紹介する特別展。
c0153302_12475026.jpg



正確な情報掲示を努力していますが、間違いがあるかもしれません。ホームページなどで休館日、開館時間等確認してお出かけください。


by AT_fushigi | 2015-04-26 13:31 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(2)

Annunciation


Artist: A, B, C, E, F, G, L, M, P, S, V, Z


Location:
Italy
Museo Diocesano, Cortona, Italy
---- Angelico, Fra, 1434
Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
---- Albertinelli, Mariotto, 1503
---- Baldovinetti, Alessi, 1447
---- Bartolomeo, Fra, 1500
---- Botticelli, Sandro, 1481
---- Da Vinci, Leonald, 1480
Galleria Palatina (Palazzo Pitti), Firenze, Italy
---- Andrea del Sarto, 1513
---- Andrea del Sarto, 1528 (Convento)
San Marco, Firenze, Italy
---- Angelico, Fra, 1442 (Convento)
---- Angelico, Fra, 1446 (Museo)
---- Angelico, Fra, 1452 (Museo)
Santa Maria Novella, Firenze, Italy
---- Ghirlandaio, Domenico, 1482
San Miniato al Monte, Firenze, Italy
---- Baldovinetti, Alessi, 1467
Spedale degli Innocenti, Firenze, Italy
---- Bartolomeo di Giovanni, 1488
Galleria Doria Pamphili, Rome, Italy
---- Lippi, Flippo, Fra, 1445
Santa Maria delle Grazie, San Giovanni Valdarno, Italy
---- Angelico, Fra, 1435
Duomo (Cattedrale di Santa Maria Assunta), Volterra, Italy
---- Bartolomeo, Fra, 1497
Germany
Gemäldegalerie Alte Meister, Dresden, Germany
---- Francesco del Cossa, 1472
Städel Museum, Frankfurt am Main, Germany
---- Crivelli, Carlo 1482
Alte Pinakothek, München, Germany
---- Lippi, Flippo, Fra, 1450
---- Albertinelli, Mariotto, 1506
Hungary Magyarország
Szépmûvészeti Múzeum, Budapest, Hungary
---- Bartolo di Fredi, 1383
Spain Bundesrepublik Deutschland
Museo Macional del Prado, Madrid, Spain
---- Angelico, Fra, 1428
UK
National Gallery, London, UK
---- Crivelli, Carlo 1486

USA
Philadelphia Museum of Art, Philadelphia, USA
---- Strozzi, Zanobi, 1453
National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
---- Carnevale, Fra, 1450
---- Van Eyck, Jan, 1436
---- Juan de Flandes, 1519
---- Giannicola di Paolo, 1515
---- Giovanni di Paolo, 1435
---- Lippi, Flippo, Fra, 1440
---- Masolino da Panicale, 1430


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_22105070.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Albertinelli, Mariotto ( Mariotto di Bigio di Bindo Albertinelli)
Italian (Florence), 1474 - 1515
c0153302_00381660.jpg

1503, Oil, (23 x 50 cm), Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

Albertinelli, Mariotto (cont.)
c0153302_00383240.jpg

1506, -, (- cm), Alte Pinakothek, München, Germany
[-, -] [TOP]


Andrea del Sarto
Italian (Florence), 1474 - 1515
c0153302_19322043.jpg

1513, Oil on wood, (183 x 184 cm), Galleria Palatina (Palazzo Pitti), Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

Andrea del Sarto (cont.)
c0153302_00571253.jpg

1528, Oil on wood, (96 x 189 cm), Galleria Palatina (Palazzo Pitti), Firenze, Italy
[-, -] [TOP]


Angelico, Fra ( Fra Giovanni da Fiesole)
Italian (Florence), 1395 - 1455
c0153302_23074558.jpg

1425-28, Tempera, (194 x 194 cm), Museo Macional del Prado, Madrid, Spain
[Jan, 2012] 家族旅行[TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_22482807.jpg

1433-34, Tempera, (150 x 180 cm), Museo Diocesano, Cortona, Italy
[-, -] [TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_22594288.jpg
1435, Tempera, (195 x 158 cm), Santa Maria delle Grazie, San Giovanni Valdarno, Italy
[-, -] [TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_22362196.jpg

1440-42, Fresco, (176 x 148 cm), Convento di San Marco, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_22411354.jpg

1437-46, Tempera, (- cm), Museo di San Marco, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

Angelico, Fra (cont.)
c0153302_23114852.jpg

1451-52, Tempera, (- cm), Museo di San Marco, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_17203890.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Baldovinetti, Alessio
Italian (Florence), 1425 - 1499
c0153302_15084855.jpg

1447, Tempera on wood, (167 x 137 cm), Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[Aug, 2013] 家族旅行[TOP]

Baldovinetti, Alessio (cont.)
c0153302_15195452.jpg

1466-67, Fresco, (Wall 480 cm), San Miniato al Monte, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]


Bartolo di Fredi ( Bartolo Battiloro)
Italian (Siena), 1330 - 1410
c0153302_15572704.jpg

1383, Tempera on panel, (70 x 32 cm), Szépmûvészeti Múzeum, Budapest, Hungary
[-, -] [TOP]


Bartolomeo di Giovanni (Alunno di Domenico)
Italian (Firenze), 1458 - 1501
c0153302_17414451.jpg

1488, Tempera on wood, (- cm), Spedale degli Innocenti, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]


Bartolomeo, Fra (Baccio della Porta)
Italian (Firenze), 1472 - 1517
c0153302_18072731.jpg

c. 1497, Panel, (176 x 170 cm), Duomo (Cattedrale di Santa Maria Assunta), Volterra, Italy
[-, -] [TOP]

Bartolomeo, Fra (cont.)
c0153302_18090374.jpg

c. 1500, Tempera on wood, (19,5 x 9 cm), Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[-, -] [TOP]


Botticelli, Sandro (Alessandro di Mariano di Vanni Filipepi)
Italian (Florence), 1445 - 1510
c0153302_17561280.jpg

1481, Fresco, (243 x 550 cm), Restoration, Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[April 08, 2015] @ BUNKAMURA ザ・ミュージアム 「ボティチェリとルネサンス」[TOP]

Botticelli, Sandro (cont.)
c0153302_17183286.jpg

1481, Fresco, (243 x 550 cm), Original/ San Martino alla Scala, Firenze, Italy
Galleria degli Uffizi


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_13375032.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Carnevale, Fra
Italy (Firenze), c. 1445 - 1484
c0153302_13373530.jpg

c. 1445/1450, tempera on panel, (87.6 x 62.8 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]

Crivelli, Carlo
Italy (Venezia), c. 1430? - 1495
c0153302_17164728.jpg

c. 1482, -, (- cm), Städel Museum, Frankfurt am Main, Germany
[-, -] [TOP]

Crivelli, Carlo (cont.)
c0153302_18145693.jpg

c. 1486, Oil on wood transferred to canvas, (207 × 146 cm), National Gallery, London, UK
[Dec, 1985] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_12495057.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Van Eyck, Jan
Netherlandish, c. 1390 - 1441
c0153302_12491940.jpg

c. 1434/1436, oil on canvas transferred from panel (90.2 x 34.1 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_15003438.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Francesco del Cossa
Italy, c. 1436 - 1478
c0153302_15203981.jpg

c. 1470-72, tempera on panel (50 x 35.5 cm), Gemäldegalerie Alte Meister, Dresden, Germany
[Mar, 2015] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_13233249.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Ghirlandaio, Domenico
Italy (Umbria), c. 1460 - 1544
c0153302_01185254.jpg
c. 1482, Fresco, (- cm), Santa Maria Novella, Florence
[-, -][TOP]

Ghirlandaio, Domenico (cont.)
c0153302_01193993.jpg
c. 1482, Fresco, (- cm), Tornabuoni Chapel, Santa Maria Novella, Florence
[-, -] [TOP]


Giannicola di Paolo
Italy (Umbria), c. 1449 - 1494
c0153302_13495379.jpg

c. 1510/1515, oil on panel, (40.3 x 35.9 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


Giovanni di Paolo
Italy (Siena), c. 1403 - 1482
c0153302_13215120.jpg

c. 1435, tempera on panel, (overall: 40 x 46.4 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_14090071.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Juan de Flandes
Netherland, active c. 1496 - 1519
c0153302_14084799.jpg

c. 1508/1519, oil on panel, (110.2 x 78.4 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_13091683.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Lippi, Filippo, Fra
Italian (Florence), c. 1406 - 1469
c0153302_13090475.jpg

c. 1435/1440, tempera on panel, (overall: 100 x 161 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[-, -] [TOP]

Lippi, Filippo, Fra (cont.)
c0153302_23203158.jpg

Private
[-, -] [TOP]

Lippi, Filippo, Fra (cont.)
c0153302_23283242.jpg

c. 1445, Oil, (183 x 175 cm), Galleria Doria Pamphili, Rome, Italy
[-, -] [TOP]

Lippi, Filippo, Fra (cont.)
c0153302_23002732.jpg

c. 1450, -, (203 x 186 cm), Alte Pinakothek, München, Germany
[-, -] [TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_12534369.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Masolino da Panicale
Italian (Florence), c. 1383 - 1447
c0153302_12270183.jpg

c. 1425–30, oil and tempera on wood (148 x 115 cm), National Gallery of Art, Washington, D.C, USA
[May, 2014] 小旅行[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_17110077.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Strozzi, Zanobi (Zanobi di Benedetto di Caroccio degli Strozzi)
Italian (Florence), 1412 - 1468
c0153302_16114187.jpg

1453, Tempera and tooled gold on panel with horizontal, (37 x 30.2 cm), Philadelphia Museum of Art, Philadelphia, USA
[April 08, 2015] @ BUNKAMURAザ・ミュージアム 「ボティチェリとルネサンス」[TOP]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0153302_23245396.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Da Vinci, Leonald ( Leonardo di ser Piero da Vinci)
Italian (Florence), 1452 - 1519

c0153302_23465515.jpg

1475-80, Oil, (217 x 98 cm), Galleria degli Uffizi, Firenze, Italy
[May, 2007] 国立博物館 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」[TOP]


by AT_fushigi | 2015-04-10 16:42 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリア美術展)...2015年04月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺だけです。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。


< 03月へ                         05月へ >

------------------------
------  04月 美術鑑賞詳細 ------
------------------------


[2015.04.12] Bunkamuraザ・ミュージアム「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
[2015.04.19] 山種美術館「花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―」

東京国立博物館
  特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
  2015年4月28日(火) ~ 2015年6月7日(日)
  「鳥獣戯画」については全4巻の前半部分が前期、後半部分が後期に展示されます。
  前期=4月28日(火)~5月17日(日)
  後期=5月19日(火)~6月7日(日)
  休館日:月曜
  (ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで、休日は18:00まで)
  一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本で最も有名な絵巻、国宝・鳥獣戯画。墨線のみで動物や人物たちを躍動的に描いた、
    日本絵画史上屈指の作品です。全巻の修理を終え、その魅力を一新した鳥獣戯画の全貌を紹介します。
c0153302_13092813.jpg


国立西洋美術館
  [企画展示室] グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家
  2015年3月3日(火)~5月31日(日)
  休館 月曜日
  (ただし、3月30日、5月4日、5月18日は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,500円、大学生1,300円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    グエルチーノ(1591-1666年)はイタリア・バロック美術を代表する画家として知られます。
    今回はこの知られざる画家の全貌を、約40点の油彩画によってお見せします。
    わが国初のグエルチーノ展です。
c0153302_00545875.gif

東京都美術館
  大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史
  2015年4月18日(土) ~ 6月28日(日) 
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    ロンドンにある大英博物館は、人類の文化遺産の殿堂として世界中のあらゆる地域と
    時代を網羅したコレクションを誇ります。
    700万点を超える収蔵品から選び出した100作品を通じて、200万年前から現代に至る
    人類の創造の歴史を読み解こうとする試みです。
c0153302_13172084.jpg

上野の森美術館
  第28回 日本の自然を描く展
  平成27年4月20日(月)、21日(火)10:00〜17:00

国立科学博物館
  「特別展 大アマゾン展」
  2015年3月14日(土)~6月14日(日)

江戸東京博物館
  「大 関ヶ原展」
  2015年3月28日(土)~2015年5月17日(日)
  休館日:月曜日、5月7日(木)  (ただし、5月4日(月・祝)は開室)」
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    慶長5年(1600年)の天下分け目の関ヶ原合戦を制したのは、東軍を率いた徳川家康でした。
    2015年は、元和2年(1616年)に亡くなった家康の没後400年目にあたります。
    この節目の年に、誰もが知っている関ヶ原合戦の全貌を明らかにする展覧会を開催いたします。
c0153302_13365700.jpg

東京国立近代美術館
  「生誕110年 片岡球子展」
  2015年4月7日(火)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日(ただし5 月4 日は開館))
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,400円、大学生900円、高校生・中学生400円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    日本画家・片岡球子(1905-2008)は鮮烈な色彩、大胆にデフォルメされた形、
    力強い筆使いの画風で知られています。これらは、球子独自のものとして
    戦後の日本美術院において他の画家の追随を許しませんでした。
    本展では、代表作によって球子の画業をたどるとともに、遺されたスケッチ、
    資料類もあわせて展示します。
c0153302_22443351.jpg

  所蔵作品展「MOMAT コレクション」
  2015年3月7日(土)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日(ただし5 月4 日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 1,350円、大学生1080円、高校生・中学生680円、都内中学生・小学生以下無料
  [概要] (HPより)]
    桜の舞う春を代表する作品として、重要文化財の川合玉堂の 
    《行く春》をで展示します。

国立新美術館
  「ルーヴル美術館展 」日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
  2015年2月21日(土)~6月1日(月)
  休館日:火曜日
  (ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点
    を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開
    をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ
    絵画の真髄」を開催いたします。
    本展には、17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天
    文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベ
    ンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、
    ドラクロワ、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が
    一堂に会します。
c0153302_09315940.jpg

フェルメールの《天文学者》
c0153302_09321157.jpg
ティツィアーノ《鏡の前の女》


サントリー美術館
  「同い年の天才絵師 若冲と蕪村 」
  2015年3月18日(水)~5月10日(日)
  休館日:火曜日(5月5日(火・祝)は20時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展覧会は、伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を記念して開催する
    もので、若冲と蕪村の代表作品はもちろん、新出作品を紹介するとと
    もに、同時代の関連作品を加えて展示し、人物、山水、花鳥などの共
    通するモチーフによって対比させながら、彼らが生きた18世紀の京
    都の活気あふれる様相の最も輝かしい一断面をご覧いただきます。
c0153302_09562732.jpg


東京都写真美術館
  大規模修繕中。オープンは2016年

山種美術館
  「花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―」
  2015年2月11日(水・祝)~4月12日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本では伝統的に絵画を通じて花と鳥を愛でる文化があります。
    2015年春、山種美術館では多彩なバリエーションを持つ明治以降の
    日本画を中心に、花と鳥をテーマにした展覧会を開催いたします。
    本展では、花の表現に新たな技法で挑んだ菱田春草《白牡丹》や速
    水御舟《翠苔緑芝》、鳥の姿を徹底した観察に基づき描写した竹内
    栖鳳の《みゝづく》や上村松篁《白孔雀》など、当館所蔵の優品を
    選りすぐって紹介いたします。四季折々の自然に注がれた画家たち
    のまなざしや花と鳥に込められた人々の思いに触れるとともに、伝
    統の中で磨かれてきた多彩な花と鳥の表現をご堪能ください。
c0153302_10100768.png

c0153302_10110928.png
  「松園と華麗なる女性画家たち」
  2015年4月18日(土)~6月21日(日)
  休館:月曜日
  (但し、5/4は開館、5/7は休館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生900円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展では、《新蛍》、《砧》、《牡丹雪》など当館所蔵の松園作品全18点を
    一挙公開いたします。加えて、女性初の帝室技芸員でもあった南画家・野口小蘋
    晩年の代表作《箱根真景図》(山種美術館)をはじめ、小倉遊亀、片岡球子、
    北沢映月らの日本画をご紹介いたします。

c0153302_14044848.png
損保ジャパン日本興亜美術館
  「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」
  2015年4月18日(土)~6月28日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日は開館)
  開館時間:10:00~18:00(金~20:00)
  一般1,200円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    パリの風景を詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ(1883年~1955年)と、
    ユトリロの母で画家のスュザンヌ・ヴァラドン(1865年~1938年)
    の展覧会です。油彩を中心に、日本初公開作品ならびに個人所蔵作品
    を含むユトリロの作品約40点とヴァラドンの作品約40点を展示

c0153302_14100686.jpg
根津美術館
  「燕子花と紅白梅」
  2015年4月18日(土)~5月17日(日)
  休館:月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,200円・大高生1,000円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年は、享保元年(1716)に59歳で没した尾形光琳の300年忌にあたります。
    それを記念して、当館が所蔵する「燕子花図屏風」とMOA美術館が所蔵する
    「紅白梅図屏風」、光琳が描いた2点の国宝の屏風を中心とする特別展を開催します。
c0153302_14135621.jpg


講談社野間記念館
  「横山大観と近代日本画の巨匠たち展」
  2015年3月7日(土)~5月17(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  (5月6日、7日は休館)  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    大観、栖鳳、玉堂~近代日本画の巨匠たち
    その生涯をかけて新しい日本画の創造を担ってきた近代日本画の
    巨星、横山大観。京都画壇の大立者として四条派に諸派や洋画の
    研鑽までも加えて独自の画風を確立した、竹内栖鳳。そして奇し
    くも栖鳳の師である幸野楳嶺、大観の師である橋本雅邦の両名に
    師事し、自然と人の営みを漂う詩情のもと描いた川合玉堂。この
    三人は、近代の日本画壇において、まぎれもなく重要な役割を果
    たした巨匠と呼べるでしょう。

佐藤美術館
  「画心展」 vol.5 京都造形芸術大学日本画研究室選抜新人作家展
  2015年4月17日(金)~4月30日(木)
  休館日:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~19:00)
  無料
c0153302_14174378.jpg
c0153302_14174819.jpg


ブリヂストン美術館
  「ベスト・オブ・ザ・ベスト」
  2015年1月31日(土)〜5月17日(日)
  休館:月曜日(月曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般 800円、大学・高校生 500円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年5月18日より、ブリヂストン美術館は休館して新築工事に
    入ります。数年後には新たに生まれ変わった姿をお見せすること
    になりますが、このたびの展示は、休館前最後のものとなります。
    創設者・石橋正二郎の収集から出発する石橋財団コレクションは、
    現在約2,500点を数えます。本展では、そのうちのベストセレク
    ション、合計約160点をご紹介いたします。当館のコレクション
    を特徴づけるのは、19世紀以降のフランスを中心とした西洋近現
    代美術が、系統だってそろえられていることでしょう。印象派、
    ポスト印象派から20世紀のフォーヴィスム、キュビスム、抽象絵画へ。
c0153302_15340939.jpg


三菱一号館美術館
  「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」
  2015年2月7日(土)~5月24日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、4月6日、5月18日は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、金~20:00)
  一般1,600円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)    西洋美術を集めた国立美術館です。本展では、そのNGAの中で最も
    人気があるフランス印象派とポスト印象派のコレクションを展示します。
    ワシントン・ナショナル・ギャラリー(nga)は、アメリカ唯一の
c0153302_16054713.jpg


五島美術館
  2012年秋まで休館


松岡美術館
  「創立40周年記念 特別企画「わたしの好きなシロカネ・アート。
           あなたが選ぶ、松岡コレクション」

  2015年4月7日(火)~6月28日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    1975(昭和50)年、東京・新橋にて産声を上げた松岡美術館は、
    おかげさまで2015年創立40周年を迎えます。これもひとえに多く
    のお客様のご支援の賜物と、感謝しております。
    そこで、この一年は約1800点の松岡コレクションの中から、お客
    様のリクエストの多かった作品を選出し、ご紹介する「わたしの好
    きなシロカネ・アート」展を開催してまいります。
c0153302_14234744.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
  2015年3月21日(土・祝)-6月28日(日)
  休館日:4/13(月)、4/20(月)のみ休館
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンス
    の原動力となった銀行・金融業と、近代のメセナ活動の誕生を、
    ボッティチェリの名品の数々を中心に、ルネサンス期を代表する芸
    術家たちによる絵画・彫刻・版画や、時代背景を物語る書籍・資料
    など約80点によって、浮き彫りにします。
c0153302_01004107.jpg


横浜美術館
  「石田尚志 渦まく光」
  2015年 3月28日(土)~5月31日(日)
  休館日:木曜日
  開館時間:10:00~18:00  
  一般 1,500円、大学・高校生900円、中学生600円、小学生以下無料

そごう美術館
  「御所の花 安野光雅 展」
  2015年3月18日(土)~4月19日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般 900円、大学・高校生700円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    安野光雅は天皇皇后両陛下の本を装丁したご縁から、2011年1月から
    翌年4月にかけて1年以上にわたって、一般には非公開の御所の庭を
    写生する機会に恵まれました。本展では、御所に咲く四季おりおりの
    草花を題材とした130点の水彩画を展示いたします。
c0153302_14290232.jpg




どんどん修正します。

十に一つでも行けたなら

by AT_fushigi | 2015-04-10 07:30 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

十に一つでも行けたなら(東京エリア美術展)...2015年03月


情報は正確に記述するように努力していますが、誤りがある可能性もあります。御自分でご確認願います。美術鑑賞は私が行けそうな東京、横浜近辺だけです。
入館は閉館の30分前のところが多いので早めにお出かけください。イメージは文中WEBサイトより引用。ダブルクリックで拡大するものもあります。


                                   04月へ >

------------------------
------  03月 美術鑑賞詳細 ------
------------------------


東京国立博物館
  特別展「みちのくの仏像」
  2015年1月14日(水) ~ 2015年4月5日(日)
  休館日:月曜
  (ただし、3月23日(月)、30日(月)は9:30~17:00まで特別開館)
  開館時間:9:30~17:00 (金は20:00まで、休日は18:00まで)
  一般1000円、大学生700円、高校生400円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    この展覧会には、東北の三大薬師と称される、黒石寺(岩手県)、勝常寺(福島県)、
    双林寺(宮城県)の薬師如来像をはじめ、東北各県を代表する仏像が出品されます。
c0153302_00280846.gif

国立西洋美術館
  [企画展示室] グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家
  2015年3月3日(火)~5月31日(日)
  休館 月曜日
  (ただし、3月30日、5月4日、5月18日は開館)
  開館時間:9:30~17:30 (金曜日は~20:00)
  一般1,500円、大学生1,300円、高校生800円
  [概要] (HPより)
    グエルチーノ(1591-1666年)はイタリア・バロック美術を代表する画家として知られます。
    今回はこの知られざる画家の全貌を、約40点の油彩画によってお見せします。
    わが国初のグエルチーノ展です。
c0153302_00545875.gif

東京都美術館
  新印象派―光と色のドラマ
  2015年1月24日(土) ~ 3月29日(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:9:30~17:30(金は20:00まで)
  一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生:800円
  [概要] (HPより)
    本展では、印象派のモネの作品から始まり、スーラ、シニャックに
    よる新印象派初期の作品、その後フランスやベルギーで次々と生み
    出された多様な新印象派の作品、さらにマティス、ドランの色彩溢
    れる作品をご紹介します。
c0153302_00150106.jpg

上野の森美術館
  「VOCA展2015 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」
  3/14(土)〜3/30(月)

国立科学博物館
  「特別展 大アマゾン展」
  2015年3月14日(土)~6月14日(日)

江戸東京博物館
  「探検!体験! 江戸東京」
  2014年12月2日(火)~2015年3月8日(日)

東京国立近代美術館
  所蔵作品展「MOMAT コレクション」
  2015年3月7日(土)~5月17日(日)
  休館日: 月曜日
  (ただし、3月23日、3月30日、4月6日、5月4日は開館)
  開館時間:10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
  一般 430円、大学生130円、高校生・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    桜の舞う春を代表する作品として、重要文化財の川合玉堂の
    《行く春》をで展示します。

国立新美術館
  「ルーヴル美術館展 」日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
  2015年2月21日(土)~6月1日(月)
  休館日:火曜日
  (ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
  一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点
    を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開
    をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ
    絵画の真髄」を開催いたします。
    本展には、17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天
    文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベ
    ンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、
    ドラクロワ、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が
    一堂に会します。
c0153302_09315940.jpg
フェルメールの《天文学者》
c0153302_09321157.jpg
ティツィアーノ《鏡の前の女》


サントリー美術館
  「同い年の天才絵師 若冲と蕪村」
  2015年3月18日(水)~5月10日(日)
  休館日:火曜日(5月5日(火・祝)は20時まで開館)
  開館時間:10:00~18:00 〔金・土〕10:00~20:00
  一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    本展覧会は、伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を記念して開催する
    もので、若冲と蕪村の代表作品はもちろん、新出作品を紹介するとと
    もに、同時代の関連作品を加えて展示し、人物、山水、花鳥などの共
    通するモチーフによって対比させながら、彼らが生きた18世紀の京
    都の活気あふれる様相の最も輝かしい一断面をご覧いただきます。
c0153302_09562732.jpg

東京都写真美術館
  大規模修繕中。オープンは2016年

山種美術館
  「花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―」
  2015年2月11日(水・祝)~4月12日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大高生800円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    日本では伝統的に絵画を通じて花と鳥を愛でる文化があります。
    2015年春、山種美術館では多彩なバリエーションを持つ明治以降の
    日本画を中心に、花と鳥をテーマにした展覧会を開催いたします。
    本展では、花の表現に新たな技法で挑んだ菱田春草《白牡丹》や速
    水御舟《翠苔緑芝》、鳥の姿を徹底した観察に基づき描写した竹内
    栖鳳の《みゝづく》や上村松篁《白孔雀》など、当館所蔵の優品を
    選りすぐって紹介いたします。四季折々の自然に注がれた画家たち
    のまなざしや花と鳥に込められた人々の思いに触れるとともに、伝
    統の中で磨かれてきた多彩な花と鳥の表現をご堪能ください。
c0153302_10100768.png
c0153302_10110928.png

損保ジャパン日本興亜美術館
  「FACE展 2015」
  2015年2月21日(土)~3月29日(日)
  休館:月曜日
  開館時間:10:00~18:00
  一般500円・大高生300円・中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    損保ジャパン日本興亜美術賞展

根津美術館
  「救いとやすらぎのほとけ 菩薩」
  2015年3月7日(土)~4月6日(月)
  休館:月曜日(ただし4月6日(月)は開館)
  開館時間:10:00~17:00
  一般1,000円・大高生800円・中学生以下無料
c0153302_10252827.jpg

講談社野間記念館
  「横山大観と近代日本画の巨匠たち展」
  2015年3月7日(土)~5月17(日)  
  休館日:月・火曜日(月・火曜日祝日開館、翌日閉館)
  (5月6日、7日は休館)  開館時間:10:00~17:00
  一般 500円、学生 300円、小学生以下無料
  [概要] (HPより)
    大観、栖鳳、玉堂~近代日本画の巨匠たち
    その生涯をかけて新しい日本画の創造を担ってきた近代日本画の
    巨星、横山大観。京都画壇の大立者として四条派に諸派や洋画の
    研鑽までも加えて独自の画風を確立した、竹内栖鳳。そして奇し
    くも栖鳳の師である幸野楳嶺、大観の師である橋本雅邦の両名に
    師事し、自然と人の営みを漂う詩情のもと描いた川合玉堂。この
    三人は、近代の日本画壇において、まぎれもなく重要な役割を果
    たした巨匠と呼べるでしょう。

佐藤美術館
  「One story」-武蔵野美術大学大学院日本画コース修了制作展-
  2015年3月12日(木)~22日(日)
  休館日:月曜日
  開館時間:10:00~17:00(金曜日~19:00)
  無料
c0153302_15211722.jpg

ブリヂストン美術館
  「ベスト・オブ・ザ・ベスト」
  2015年1月31日(土)〜5月17日(日)
  休館:月曜日(月曜日祝日開館、翌日閉館)
  開館時間:10:00~18:00
  一般 800円、大学・高校生 500円、中学生以下無料
  [概要] (HPより)
    2015年5月18日より、ブリヂストン美術館は休館して新築工事に
    入ります。数年後には新たに生まれ変わった姿をお見せすること
    になりますが、このたびの展示は、休館前最後のものとなります。
    創設者・石橋正二郎の収集から出発する石橋財団コレクションは、
    現在約2,500点を数えます。本展では、そのうちのベストセレク
    ション、合計約160点をご紹介いたします。当館のコレクション
    を特徴づけるのは、19世紀以降のフランスを中心とした西洋近現
    代美術が、系統だってそろえられていることでしょう。印象派、
    ポスト印象派から20世紀のフォーヴィスム、キュビスム、抽象絵画へ。
c0153302_15340939.jpg

三菱一号館美術館
  「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」
  2015年2月7日(土)~5月24日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、4月6日、5月18日は開館)
  開館時間:10:00~18:00 (ただし、金~20:00)
  一般1,600円/高・大学生 1,000円/中学生・小学生 600円
  [概要] (HPより)    西洋美術を集めた国立美術館です。本展では、そのNGAの中で最も
    人気があるフランス印象派とポスト印象派のコレクションを展示します。
c0153302_16054713.jpg

五島美術館
  2012年秋まで休館


松岡美術館
  「創立40周年記念 特別企画「わたしの好きなシロカネ・アート。
           あなたが選ぶ、松岡コレクション」」

  2015年1月6日(火)~3月29日(日)
  休館日:月曜日 (ただし、祝日の場合は翌日)
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    1975(昭和50)年、東京・新橋にて産声を上げた松岡美術館は、
    おかげさまで2015年創立40周年を迎えます。これもひとえに多く
    のお客様のご支援の賜物と、感謝しております。
    そこで、この一年は約1800点の松岡コレクションの中から、お客
    様のリクエストの多かった作品を選出し、ご紹介する「わたしの好
    きなシロカネ・アート」展を開催してまいります。
c0153302_00481104.jpg

Bunkamuraザ・ミュージアム
  「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
  2015年3月21日(土・祝)-6月28日(日)
  休館日:4/13(月)、4/20(月)のみ休館
  開館時間:10:00~17:00 
  一般 800円/高・大学生 500円/中学生・小学生 無料
  [概要] (HPより)
    本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンス
    の原動力となった銀行・金融業と、近代のメセナ活動の誕生を、
    ボッティチェリの名品の数々を中心に、ルネサンス期を代表する芸
    術家たちによる絵画・彫刻・版画や、時代背景を物語る書籍・資料
    など約80点によって、浮き彫りにします。
c0153302_01004107.jpg

横浜美術館
  「石田尚志 渦まく光」
  2015年 3月28日(土)~5月31日(日)
  休館日:木曜日
  開館時間:10:00~18:00  
  一般 1,500円、大学・高校生900円、中学生600円、小学生以下無料

そごう美術館
  「笑みに込められた祈り 円空・木喰展」
  2012年2月7日(土)~3月22日(日)
  休館日:無し
  開館時間:10:00~20:00
  一般 1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
c0153302_01155717.jpg


どんどん修正します。

十に一つでも行けたなら

by AT_fushigi | 2015-03-02 01:20 | 美術鑑賞・博物館 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2015年01月-第七、八日目-イタリア・ミラノ・シャガール展は...帰国


さて、今日のフライトは午後3時なので午前中シャガール展へ行く計画です。
朝窓の外を見てイタリアであることを確認します(^o^)。
c0153302_00491042.jpg
このホテルの朝食は楽しみなレベルになりました。
c0153302_00491074.jpg
さて、地下鉄で美術館Museo del Novecentoに向かいます。Duomo駅を出て1分です。ビックリしましたあのイタリア人が並んでいるのです。
c0153302_00491080.jpg
列の後ろは写真の左端、建物の右翼です。そこに美術館関係者がいたので聞くと1時間当たり100人と言う人数制限をしているのでここだと4時間と5時間待ちの境目くらいだというのです。土曜日で明日終了なのでこんなに込んでいるとのこと。また、何で100人と聞くと事前にチケットを買っている人がいるからとの返事でした。そのチケットはだいぶ前に完売だったそうです。
12時にホテルからタクシーに乗らなければいけない身なのであきらめました。バーナーだけでも取ろうと入口まで行きました。
c0153302_00491089.jpg
ゴッホ展もやっているようでした。しかし、気が乗らずやめました。
振り向くと大聖堂です。
c0153302_00491027.jpg
しょうがないのでまずは正面の修復を完了した大聖堂をパチリ。
c0153302_00491038.jpg
この後Peckでチーズなどお土産を買ってホテルに戻りました。

ホテルでゆっくりして12時にタクシーを頼んでマルペンツァ空港に向かいました。メーターは98ユーロなのに定額90ユーロだという運転手に98ユーロ払ってチェックイン。
中で大聖堂に。
c0153302_01045947.jpg
LEGOでした。目があった人たちと良くできてるねと感心してしまいました。
c0153302_01045957.jpg
ミラノのラウンジはワインとつまみを頂いてくつろぎます。

フランクフルトではお決まりビールとソーセージ・ポテトです。
c0153302_01045975.jpg
この後、フランクフルト-羽田は新しい「747-8」でした。はっきり言って時代が戻った感じでした。ビジネスは最近のLH標準でしたがエコノミーはなぜかジャンボジェット747のままの感じです。3-4-3はやはり狭いです。
747-8のフランクフルト便は避けようと思いました。航空会社にとって良い飛行機は必ずしも利用者には良くない例となるでしょう。
無事羽田到着。日本の移動は早朝成田着寄りは楽でした。
c0153302_01112452.jpg
寒さを覚悟した出張ですがコートのインナーを着ることもなく寒さが和らいだ様でした。
おしまい


[2015.01.31]

完    [目次]


by AT_fushigi | 2015-02-12 01:13 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2015年01月-第六日目-イタリア・モンツァ・写真展 ”Steve McCurry” (II)


マッカリー写真展は王宮で開催されています。ここはオーストリアがミラノ公国を支配していた時代、マリアテレーザがロンバルディアの総督であった息子フェルディナントのために建てた王宮です(1790年)。ウィーンとミラノを結ぶ街道沿いに有りました。
このため写真展も王宮との調和を考えた展示となっていました。写真と王宮の内装を楽しみました。
c0153302_23583385.jpg
c0153302_23583376.jpg
c0153302_23583317.jpg
c0153302_23583324.jpg
c0153302_23583329.jpg
c0153302_00001730.jpg
c0153302_00001735.jpg
c0153302_00001781.jpg
c0153302_00001760.jpg
c0153302_00020737.jpg
c0153302_00020747.jpg
c0153302_00020769.jpg
c0153302_00020732.jpg
c0153302_00020710.jpg
c0153302_00020792.jpg
c0153302_00020742.jpg
c0153302_00044619.jpg
c0153302_00044621.jpg
c0153302_00044624.jpg
いくつかご覧になった写真は有りませんでしたか?この展覧会では約150点展示されているそうです。音声ガイドもありゆっくり2周もしてしまいました。

この後上階に行くと別の展示がありましたがDinnerの約束の時間が来ていたのでパスしました。時代物の生活用品が展示されているようでした。
c0153302_00044684.jpg
外は夕日が沈んだところでした。
c0153302_00044630.jpg
門を出ると昨晩泊まったホテル ”Hotel de la Ville Monza"です。
c0153302_00044691.jpg
この後ホテルに寄りタクシーをお願いしました。バーでプロセッコ(5ユーロ)をいただきながらタクシーを待ちました。

by AT_fushigi | 2015-02-08 00:12 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)

欧州出張2015年01月-第六日目-イタリア・モンツァ・写真展 ”Steve McCurry” (I)


キリコ美術展の後、マッカリー写真展に出かけました。

この写真ご存知でしょうか。ナショジオ、ナショナルジオグラフィックの表紙を飾ったアフガニスタンの緑色の瞳の少女です。アフガンガールと呼ばれ話題となりました。ナショジオというとこの表紙を思い浮かべる人も多いと思います。
私はこの写真でスティーブ・マッカリーを知りました。1985年のことです。今では私の大好きな写真家の一人です。
彼女は17年後(2002年)に再び表紙を飾りました。避難民として名も知れず撮影された彼女をナショジオのチームが探し出したのです。
そしてこのアフガンガールの写真は去年(2013年)ナショジオ125周年記念号の表紙も飾りました。
c0153302_02201989.jpg
偶然ホテルで写真展のことを知り仕事が終わった後鑑賞に来たのです。
場所はキリコ展と同じ宮殿"Villa Reale"。温室で開催されていたキリコ展を見て本館のマッカリー展に向かいます。
c0153302_02194577.jpg
c0153302_02194583.jpg
門をはいると額縁が正面に。音楽が流れていたので何かのオブジェでしょう。音楽に合わせ額縁の後ろの噴水が踊るように噴き出します。
c0153302_02194536.jpg
左右の翼の屋根のところには機械時計と日時計がありました。機械は止まっていましたが日時計は4時をちゃんと指していました。
c0153302_02200578.jpg
c0153302_02200598.jpg
1階の受付でチケットを買いました。12ユーロでした。
c0153302_02364551.jpg
階段の途中に大きな看板が。
c0153302_02201903.jpg
窓から入り口の門が見えました。
c0153302_02402303.jpg
音声ガイドはパスポートを預けると無料で貸してくれます。会場の入った廊下です。
c0153302_02201912.jpg
写真撮影はOKでした。
c0153302_00164219.jpg
会場ではマッカリーがビデオでいくつかの作品の解説をしていました。
c0153302_00164179.jpg
最近のLAVAZZAのカレンダーとなった写真達です。
c0153302_02402335.jpg
c0153302_02402325.jpg
私が最も衝撃を受けた写真はこれです。
c0153302_02402377.jpg
言葉も出ません。この写真も有名な写真です。

さて、写真を見て行きましょう。

by AT_fushigi | 2015-02-07 02:43 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(3)

欧州出張2015年01月-第六日目-イタリア・モンツァ・美術展 ”Giorgio de Chirico e l'oggetto misterioso”


午後1時に顧客打ち合わせが終わり前日営業から聞いていたキリコ美術展とマッカリー写真展に出かけます。

まずはシュルレアリスムの巨匠キリコ美術展からです。
展示場は泊まったホテル(Hotel de la Ville Monza)の目の前の宮殿"Villa Reale"の温室 "Serrone"です。
こちらが朝ホテルのテラスから取ったSerroneです。
c0153302_00581541.jpg
宮殿の正門から入ると右手に案内バーナーがありました。
c0153302_01041923.jpg
中庭にはいるとバラや池のスイレンが冬の装いで静かに春の来るのを待っていました。
c0153302_01053186.jpg
突きあたりが玄関でしたが温室は改装工事中でした。
入口の看板。
c0153302_01064106.jpg
”Giorgio de Chirico e l'oggetto misterioso”
Reggia di Monza - Serrone della Villa Reale
-- Address: Viale Brianza, 1, 20052 Monza
-- HP: http://http://www.reggiadimonza.it/
チケットとパンフです。料金は10ユーロでした。
c0153302_01071721.jpg
さて、入口です。
c0153302_01083440.jpg
中は改装されていますが天井は往時のもののようです。
c0153302_01101448.jpg
展示場は狭く真ん中のビデオ映像を挟んで違った展示をしていました。
c0153302_01115342.jpg
c0153302_01120879.jpg
作品のいくつかを紹介します(会場は撮影可能)。
日本にも来た「謎めいた憂愁」
c0153302_01182324.jpg

c0153302_01190825.jpg

c0153302_01184945.jpg
c0153302_01193236.jpg
Monzaに滞在して彫刻を残したとの記述がありました。


[2015.01.30]

次へ(第六日目-写真展 ”Steve McCurry”)    [目次]

 

by AT_fushigi | 2015-02-02 01:36 | 出張・旅行 | Trackback | Comments(0)